• ホーム
  • 音楽
  • YOSHIKI、20年ぶりアルバムは「最高傑作になる」 “デッドエンド”で有言実行

YOSHIKI、20年ぶりアルバムは「最高傑作になる」 “デッドエンド”で有言実行

 ロックバンド・X JAPANのリーダー・YOSHIKIが19日、都内で記者会見を開き、20年ぶりとなる日本ツアーの日程を発表。同時に、来年発売予定の新アルバムに込めた思いを語った。

【写真】その他の写真を見る


 X JAPANとしては、1995〜96年に行われた『DAHLIA TOUR 1995-1996』以来20年ぶりとなる日本ツアーは、12月2〜4日の横浜アリーナを皮切りに、7日に大阪城ホール、9日にマリンメッセ福岡、11日に広島グリーンアリーナ、14日に名古屋・日本ガイシホールの全国5都市7公演が予定されている。

 「こうやって世界で活動できるのは日本の皆さんが長い間、応援してくれたから。こうやってヨーロッパ、南米でも活動できるのは感謝している」と感慨深げに切り出したYOSHIKIは「そういう意味を込めて、やはりこの世界ツアーは日本から始めよう、という話になった」と理由を語った。

 また先月、パリで開催された『JAPAN EXPO』にサプライズ出演したYOSHIKIは『DAHLIA』(96年)以来、X JAPANとして20年ぶりとなるオリジナルアルバムを来年3月11日に発売することも明言していた。

 新アルバムは「今レコーディングの真っ最中」とYOSHIKI。過去、何度もアルバムを「出す」と発言してきたとあって「『もうすぐ出る』って言っても誰も信用しない」と笑わせると「自分たちでデッドエンドを作って日付を決めてしまうしかなかった」と、発売決定に至る裏側を明かした。

 「今回は初めて世界に向けたX JAPANの名刺というか、挑戦状みたいな感じです」と、自信満々に新アルバムのイメージを語り、「これでできなかったら業界から抹殺される」と笑いながら「デビューアルバムを出した時よりも一番凝縮されて、最高傑作になると思う」と確かな手応えをにじませていた。



関連写真

  • X JAPANとして20年ぶりとなる新アルバムへの思いを語ったYOSHIKI (C)ORICON NewS inc.
  • X JAPANとして20年ぶりとなる新アルバムへの思いを語ったYOSHIKI=都内ホテル (C)ORICON NewS inc.
  • 10月には4年ぶりとなる新曲も発売される (C)ORICON NewS inc.
  • X JAPANとして20年ぶりとなる新アルバムへの思いを語ったYOSHIKI=都内ホテル (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス