アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】レッド・ツェッペリン、後期3作中2作がTOP10

【オリコン】レッド・ツェッペリン、後期3作中2作がTOP10

 英国の伝説的ロックバンド、レッド・ツェッペリンの最新リマスタリングシリーズ最終章となる後期3作品が7月31日に世界同時発売され、8/10付週間アルバムランキングで『プレゼンス<リマスター>』が初週売上1万166枚で8位、『コーダ(最終楽章)<リマスター>』が同8819枚で10位、『イン・スルー・ジ・アウト・ドア<リマスター>』が同8715枚で11位にランクイン。同シリーズは、リーダーでギタリストのジミー・ペイジが監修した。

【写真】その他の写真を見る


 レッド・ツェッペリンのアルバムが2作同時TOP10入りしたのは、2007年12/3付の『マザーシップ〜レッド・ツェッペリン・ベスト』(7位)と『永遠の詩(狂熱のライヴ)〜最強盤』(10位)以来、7年8ヶ月ぶりとなった。

 本シリーズを監修したペイジは先月30日、1971年の初来日以来44年ぶりに広島を訪問。平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に献花した。



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • 1977年に撮影されたレッド・ツェッペリン
  • 後期ツェッペリン最高傑作といわれる『プレゼンス』が8位
  • 『コーダ(最終楽章)』が10位
  • レッド・ツェッペリン『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』が11位
  • 先月末、44年ぶりに広島を訪れたレッド・ツェッペリンのギタリスト、ジミー・ペイジ(C)Ross Halfin
  • 先月末、44年ぶりに広島を訪れたレッド・ツェッペリンのギタリスト、ジミー・ペイジ(C)Ross Halfin
  • 先月末、44年ぶりに広島を訪れたレッド・ツェッペリンのギタリスト、ジミー・ペイジ(C)Ross Halfin

オリコントピックス