• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • “沖縄芸人”まーちゃん、咽頭がん公表 8月から入院・治療専念へ

“沖縄芸人”まーちゃん、咽頭がん公表 8月から入院・治療専念へ

 沖縄県出身の芸人・まーちゃん(小波津正光 40)が28日、自身のブログを更新。咽頭がん(いんとう)であることを公表するとともに、8月から入院し治療に専念することを報告した。

【写真】その他の写真を見る


 「急ではありますが皆様にご報告があります」の書き出しで「私まーちゃんはこのたび『芸人』から『病人』になりましたっ いっちょ前にも『がん』になってしまいましたっ」と公表。続けて「立川談志師匠、忌野清志郎さん、そしてつんくさんと同じ咽頭癌(いんとうがん)です」と明かした。

 さらに、8月から入院し治療に専念することを報告し「来月からの仕事ができなくなってしまい大勢の方にご迷惑とご心配をかけてしまっています 大変申し訳ありませんっ!」とお詫び。「今のところ治療すれば復帰できるということなので できるだけ早く復帰できるように来月からは治療に専念したいと思います」と“復活”を誓った。

 まーちゃんは、沖縄の番組やラジオを中心に『笑う〜百年の物語』(NHK)『Nスタ』(TBS)『報道の魂』(TBS)『銭形金太郎』(テレビ朝日)などに出演。そのほか、舞台『お笑い三人会』、戦後60年企画『基地を笑え!お笑い米軍基地』ほか、『お笑いセールスマン』(文化放送)『RADIO JOB』(FM沖縄)で活躍する。

 所属事務所によると咽頭がんは「初期」。入院後は放射線と抗がん剤による治療を受け、完治と仕事復帰を目指すという。

関連写真

  • 咽頭がんを公表した沖縄芸人まーちゃん
  • 咽頭がんを公表した沖縄芸人まーちゃん

オリコントピックス