• ホーム
  • 芸能
  • 広島出身・綾瀬はるか、戦後特番で遺族手記を朗読 是枝監督と再タッグ

広島出身・綾瀬はるか、戦後特番で遺族手記を朗読 是枝監督と再タッグ

 女優の綾瀬はるかが、8月1日に放送される広島テレビ制作・日本テレビ系戦後70年特別番組『いしぶみ〜忘れない。あなたたちのことを〜』(後1:30)に出演することがわかった。昭和44年(1969)に放送された『碑(いしぶみ)』をリメイクした同番組は、昭和20年8月6日に広島で起きた原爆投下時の惨状を追憶するドキュメンタリー。オリジナル版では杉村春子が担当した朗読に、同県出身の綾瀬が起用された。当時の街をイメージしたセットで、番組の根幹となる『遺族の手記』を読み上げる。

【写真】その他の写真を見る


 また、番組ナビゲーターとしてジャーナリストの池上彰氏が、広島市で関係者に取材を敢行。今も消えることのない悲しみの声を聞き取り、隠されてきた生と死の物語を、今の時代に明らかにする。映画監督の是枝裕和氏が製作の指揮を執り、3人が戦争の悲惨さ、平和の尊さを真っ向から投げかける番組となる。

 綾瀬とは映画『海街diary』(公開中)でもタッグを組んだ是枝監督は、綾瀬の「声の表現力」を起用理由に挙げ、「他の方の名前も挙がってその中から選んだというのではなく、今これをやるのであれば、綾瀬さんしかいないと思いました」と太鼓判を押す。収録を終え「本当に聞きやすい声。ささやく声でも、あれだけクリアに響くというのは、何か体の芯がしっかりしている。深い所から声が出ているから、ささやく声でも、すごく通る。今回に限らず、朗読が向いている方だと思います」と改めて絶賛した。

 一方、朗読は初挑戦だったという綾瀬は「セットもこだわられていて、世界観に入りやすい環境を用意してもらいました。是枝監督が演出しくださるということで、見る方が増えて頂ければいいな」と期待を寄せる。学校の授業で原爆のことを知る機会が多かったというが「戦争を知らないもっと若い世代の子どもたちに見てもらって、少しでも原爆を知るきっかけにしてほしいです。皆で平和を願う、そういう思いにつながっていったらいいな」と思いを込めて語った。



関連写真

  • 8月1日に放送される広島テレビ制作・日本テレビ系戦後70年特別番組『いしぶみ〜忘れない。あなたたちのことを〜』(後1:30)で遺族手記を朗読 (C)広島テレビ
  • 是枝裕和監督(右)が製作総指揮を担当(C)広島テレビ
  • 池上彰氏も広島県で関係者へのインタビューを行う(C)広島テレビ
  • 広島テレビ制作・日本テレビ系戦後70年特別番組『いしぶみ〜忘れない。あなたたちのことを〜』でオリジナル版では杉村春子が担当した朗読に綾瀬はるかが起用(C)広島テレビ
  • 広島テレビ制作・日本テレビ系戦後70年特別番組『いしぶみ〜忘れない。あなたたちのことを〜』でオリジナル版では杉村春子が担当した朗読に綾瀬はるかが起用(C)広島テレビ

オリコントピックス