• ホーム
  • 音楽
  • Eテレ人気子役“ゆうなちゃん”こと杉山優奈がCDデビュー

Eテレ人気子役“ゆうなちゃん”こと杉山優奈がCDデビュー

 Eテレの人気子ども向け番組『いないいないばあっ!』(月〜金 前8:25)に3月まで出演した5代目おねえさん“ゆうなちゃん”こと杉山優奈(12)が、9月2日に「かまってYO!ね」でCDデビューすることが決定した。

 乳幼児やママ、パパ世代に絶大な人気を誇る“ゆうなちゃん”は、2011年3月から4年間、おねえさんとして起用され、3月に惜しまれながらも通常番組を卒業。4月からは同番組が全国各地のホールで行っているステージショー『あつまれ!ワンワンわんだーらんど』(毎月最終日曜日にEテレで放送)を担当する。

 “優奈ちゃん”のデビュー曲「かまってYO!ね」は、「一緒に歌って踊ろう!」をテーマに、一度聴いたら忘れられないような楽曲と振付に。作詞作曲はAKB48や嵐らの作曲を手がける渡辺和紀氏が担当。振付はヒット曲「慎吾ママのおはロック」や「おどるポンポコリン」などの振付を考案した香瑠鼓氏が手がけ、優奈ちゃんの愛嬌(きょう)と元気が全開な“かまってちゃんダンス”は、“ゆうなちゃんロス”に陥っていたファンを喜ばせそうだ。

 杉山は「こんにちは、杉山優奈です。なんと、杉山優奈として初めてのCDを出すことになりました! みんなと一緒に歌って元気に踊れるオリジナルの曲『かまってYO!ね』という曲です。面白いダンスもたくさんあるので、みんなもぜひ覚えて優奈の曲に合わせて踊ってみてね!」と呼びかけている。

 カップリングには、幅広い層に親しまれる「恋するフォーチュンクッキー」(AKB48)、「おどるポンポコリン」(B.B.クィーンズ)、「あったかいんだからぁ♪」(クマムシ)の3曲を、優奈ちゃん風にカバーして収録する。

 夏休みを利用して全国各地で発売記念イベントも予定。詳細は公式サイトで順次発表される。



オリコントピックス