• ホーム
  • 芸能
  • 松井玲奈、SKE卒業後も恋は不要「友達が欲しい」

松井玲奈、SKE卒業後も恋は不要「友達が欲しい」

 8月いっぱいでグループから卒業することを発表したSKE48松井玲奈(23)が、10日深夜のニッポン放送『AKB48のオールナイトニッポン〜緊急特番!今夜、松井玲奈から重大発表SP〜』(毎週水曜 深1:00)生出演後、囲み取材に応じた。深夜にもかかわらず駆けつけた大勢の報道陣から発表直後の心境を聞かれると、「なんか他人事みたい」とあっけらかんと話した。

 番組冒頭、「8月いっぱいでSKE48を卒業することになりました」と生報告した松井は、2年ほど前から「ぼんやり考えていた」と明かし、決断に至るまでの経緯を告白。「私の中でSKEとしてやり残したことがなくなったなと感じて。やりきったなというところがあって、次のステップに進まなくちゃいけないのかなという気持ちが芽生えてきました」と説明した。

 今後は、目標としていた役者の道で頑張りたいと話し、「いろんな作品に参加させていただいて、後々に私が48グループにいたことを知ってびっくりしてもらえるようになりたい」と役者業での飛躍を誓った。

 電撃発表となったが、8月末には名古屋でライブを予定しているほか、イベントを企画しているといい、「(残りの在籍期間を)濃い2ヶ月にしたい。ファンの方との思い出もたくさん作っていきたい」と語った。

 卒業と同時に“恋愛解禁”となるが「恋は別にいい」ときっぱり。「それよりも友達がほしい…」と切実に訴え、報道陣から「寂しいですね」と同情の声をかけられると「寂しくないですよ〜!」と笑って返していた。

 松井は2008年7月にSKE48の第1期生オーディションに合格し、松井珠理奈とともに「W松井」としてグループの顔に。『AKB48選抜総選挙』は第1回から29位→11位→10位→10位→7位→5位と上位の常連。昨年4月から約1年、交換留学生として乃木坂46を兼任するなど精力的に活動を行っていたが、今回の総選挙は辞退していた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス