• ホーム
  • 芸能
  • 加護亜依がDV被害で全治10日 六本木マンションで暴行、夫を逮捕

加護亜依がDV被害で全治10日 六本木マンションで暴行、夫を逮捕

 元モーニング娘。でタレントの加護亜依(27)を暴行、負傷させたとして警視庁は9日、東京・港区六本木1、会社役員で夫の加護(安藤)陽彦容疑者(47)を傷害容疑で逮捕した。逮捕時は容疑を否認していたという。

【写真】加護亜依、“ノーブラ&生パン”の過激ショット


 逮捕容疑は5月12日、港区六本木1の自宅マンションで、押す、蹴るなどの暴行を加え、首や肩、膝などに全治約10日間のけがを負わせた、としている。

 二人は2011年12月に結婚。翌年には女児が誕生したが、陽彦容疑者は昨年10月、違法な高金利で金を貸し付けた出資法違反容疑で逮捕(後に不起訴)された。

 加護は今年4月、同容疑者と別居中で、離婚に向けて協議中であることをブログで報告。「離婚の結論がでましたら改めてご報告させて頂きますが 小さい娘もおりますので、今は静かに見守って頂けたらと思います」としていた。



オリコントピックス