実験的な試みを続けるゴールデンボンバーに見る、新たな「CDの価値」

ゴールデンボンバーが、新作『死 ん だ 妻 に 似 て い る』(5月29日発売)を、“ボディースメルフレグランス(体臭付きカード)+CD”というユニークな形態でリリースする。CDに握手券や映像などの付加価値を付けて販売する手法も今やすっかり定番化したが、本作のポイントは「CDではなくフレグランス(=雑貨)として流通すること」、つまりCDの売上としてはカウントされない点にあると言えるだろう。

◆前作では...

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索