夢アド、中野サンプラザで初公演「新しい景色をありがとう」

3月にメジャーデビューした5人組アイドルグループ・夢みるアドレセンス(以下、夢アド)が25日、東京・中野サンプラザでツアー最終公演を行い、約2時間にわたって全18曲を披露。7月15日にはメジャー第2弾シングル(タイトル未定)を発売することも発表され、観客2000人とともに喜びを分かち合った。

自身最大規模、アイドルの聖地のステージに立った夢アドは、冒頭でソロダンスを披露し、リーダーの荻野可鈴(19)の「中野、いくぞー!」の絶叫とともに、メ...

この記事の画像

  • 自身初の中野サンプラザ公演を行った夢みるアドレセンス (C)ORICON NewS inc.
  • 夢みるアドレセンス『#ユメトモの輪ツアー 2015春』最終公演より (C)ORICON NewS inc.
  • 座布団に座れず笑いをさそう志田友美 (C)ORICON NewS inc.
  • 夢みるアドレセンスの(左から荻野可鈴、志田友美)『#ユメトモの輪ツアー 2015春』最終公演より (C)ORICON NewS inc.
  • 夢みるアドレセンスのリーダー・荻野可鈴〜『#ユメトモの輪ツアー 2015春』最終公演より (C)ORICON NewS inc.
  • 夢みるアドレセンスの山田朱莉〜『#ユメトモの輪ツアー 2015春』最終公演より (C)ORICON NewS inc.
  • 夢みるアドレセンスの小林玲〜『#ユメトモの輪ツアー 2015春』最終公演より (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる