アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • レベッカ、8月に20年ぶり再結成ライブ 横浜アリーナ2days

レベッカ、8月に20年ぶり再結成ライブ 横浜アリーナ2days

 1991年2月に解散したロックバンド・REBECCA(レベッカ)が、8月12・13日の両日、横浜アリーナで再結成ライブ『Yesterday,Today,Maybe Tomorrow』を行うことが20日、わかった。過去に2度(95年、00年)、期間限定で再結成しているが、00年はシングル1枚を単発で発表したのみ。ライブは95年5月に横浜アリーナで2日間限定開催された阪神・淡路大震災チャリティー公演以来、実に20年ぶりとなる。

 再結成にあたり、メンバーはREBECCA名義でコメントを発表。「いつも宿題を抱えていて、いつも締切に追われていた。REBECCAの活動を中途半端に終えてしまったという気持ちがあった」と心残りがあったことを明かし、「REBECCAはずっと、触れてはいけないパンドラの箱だったけど、時が経ち、心に余裕ができてきて、このパンドラの箱を開く勇気が湧いてきた。そして勇気を出して開けてみたら、パンドラの箱の中でREBECCAは、熟していた」と再結成の経緯を説明した。

 84年4月にメジャーデビューしたレベッカは、メンバーの脱退・加入を経て、NOKKO(Vo)、土橋安騎夫(Key)、高橋教之(B)、小田原豊(Dr)の4人体制に。4枚目のシングル「フレンズ」(85年10月発売)が大ヒットし、同曲を収録した4thアルバム『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』(同年11月発売)が96万枚のメガヒットを記録。ロックバンドの紅一点ボーカルの先駆者だったNOKKOは、表現力豊かな歌声とクラシックバレエをベースとしたダンスでカリスマ的人気を誇り、フォロワーも多数生み出した。

 奇しくも今年は、大ヒット曲「フレンズ」誕生から30年。「夢がしぼみ、情報が氾濫している今の時代にREBECCAを見直してみたい。当時の曲を、今の自分たちで再現して、もう一度やってみたい」とメンバーは意欲を燃やす。

 名盤にちなみ、『Yesterday,Today,Maybe Tomorrow』と名付けられた再結成ライブには、NOKKO、土橋、高橋、小田原が再集結。ファンにはおなじみのサポートメンバー・是永巧一(G)、中島オバヲ(Per)も参加する。関係者によると、現状決まっているのは2公演のみで、CDリリースや再結成ライブ後の活動継続は「未定」という。

 公式サイトはきょう21日オープン。チケット一般発売は5月31日に開始される。

■REBECCA公式サイト
http://rebecca0421.com/



関連写真

  • 80年代にヒットを連発したREBECCA(レベッカ)が20年ぶりライブ決定(写真左から高橋教之、小田原豊、NOKKO、土橋安騎夫)
  • REBECCAロゴ

オリコントピックス