• ホーム
  • 芸能
  • 愛川さん死去 芸能界悲しみの声 大橋巨泉「人間がね、好きだったの」

愛川さん死去 芸能界悲しみの声 大橋巨泉「人間がね、好きだったの」

 肺がんのため15日に死去した俳優でタレントの愛川欽也さん(享年80)の訃報を受け、多くの芸能人たちがSNSや所属事務所を通じて悲しみのコメントを寄せた。

 ドラマ『西村京太郎トラベルミステリー』シリーズで共演した俳優の森本レオは「30年もの近くも間、一緒に仕事をさせていただいておりました。現場ではずっと僕より元気そうに見えていたのでショックで愕然としております。いまはただただ、ご冥福をお祈りするばかりです」とコメント。

 愛川さんが司会を務めた『なるほど・ザ・ワールド!』にリポーターとして出演していた女優の森公美子はこの日、都内で行われた『レ・ミゼラブル』初日公演前に報道陣の取材に応じ「スタジオで会ったときに『おもしろいよモリクミ』って背中を叩いてくださった。リポーターをやらせていただいて、そこからテレビにいろいろ呼ばれるようになりました」と涙し“恩人”に感謝した。

 「昭和9年会」のメンバーで長年の友人だったタレントで司会者・大橋巨泉は読売テレビ・日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』に電話で出演。自身も3回目のがんと闘っている大橋は「人間がね、好きだったの。仕事人間で、律義で。明るいし、テンポはいいし」といい「キンキンには俺より先に死んでほしくなかった。次は俺だな…」と寂しそうに話していた。

 愛川夫妻に仲人を務めてもらったという榊原郁恵は「テレビに映っている時も映っていない時も、全く対応の変わらない方でした」とその人柄を偲び、同じく仲人を務めてもらった山田邦子もブログで「キンキン、ちょっとは桜見したかなぁ…たくさん番組やって、仲人もしてもらって ご馳走になって お返し出来てない すいません ありがとうございました」と長年の厚誼に感謝した。

 また、テレビ東京系の長寿番組『出没!アド街ック天国』で共演していた、タレントの薬丸裕英は、ニュースで「愛川さんの病状についてはじめて知りました」と明かし「『出没!アド街ック天国』のスタッフ・レギュラー陣 誰1人知らなかったと思います」と告白。「今は心の整理がつきませんが感謝の気持ちでいっぱいです」心境を明かした。

 そのほかにも、愛川さんと共演した女優の杉田かおる、俳優の坂上忍、歌手の円広志、物まねタレントの清水アキラもブログを通じて追悼した。

 以下、追悼コメント(※ブログより一部抜粋)

■杉田かおる
「キンキンがお亡くなりになりました。子役時代『白い牙』というドラマに一緒にゲスト出演したり、ラジオドラマや木曜ゴールデンドラマで恋人役もやらせていただいたり素晴らしい俳優さんでした。ご冥福をお祈り致します」

■坂上忍
「わたしは、それほどお付き合いがなかったんですが。どちらかというと、奥様にお世話になっていたといいますか。で.....数日前に、たまたま【ノンストップ】で観たんです。重篤説を否定するように、うつみさんが出演されていて。愛川さんも、電話に出られていて。凄い、ですね。愛川さんの意向を、最後まで守り抜いた.....うつみさん。って、ことなのかな。愛川さんも、うつみさんも、とってもフラットな方でして。とっても凄い人なのに、とっても普通。わたしが憧れる、佇み方ができる大先輩です。司会者の印象が強い、欽也さんですが.....。わたしは、役者の先輩として観ておりました。お疲れさまで、ございました。勝手に、いろいろ見習わせて頂きます」

■円広志
「『なるほど!ザ・ワールド』で、お世話になりました。はっきり言って、ホンマにええ人でしたわ。番組中も、気ぃ使ぅてくれまして、それが凄く印象に残ってますねん。肺がんを押して、ギリギリまで『アド街間チック天国』に出演された事になりますね。芸能界の大先輩として、人としての『生き方』を考え、教えさせていただきました。いつも『夢』を追いかけ、前向きに生き抜いた方の様に思います。ありがとうございました」

■清水アキラ
「なるほど!ザ・ワールドでは3、4年 ご一緒させて頂きました。清水君、清水君て可愛いがって下さり また奥様のうつみさんにも親しくお声を掛けて頂いてました 思わず涙が溢れて 残念ですね どんな時も大きな声で全力で番組に取り組む姿を、いつも尊敬しておりました。安らかにおやすみ下さい」



オリコントピックス