• ホーム
  • 芸能
  • “還暦”ヒデキを野口五郎が祝福「抱いていいか?」

“還暦”ヒデキを野口五郎が祝福「抱いていいか?」

 2度の脳梗塞から復帰した歌手の西城秀樹(60)が、還暦を迎えたきょう13日に東京・赤坂BLITZにてバースデーイベント『HIDEKI SAIJO 60th Birthday〜還暦〜』を開催した。終盤、“新御三家”として西城、郷ひろみとともに一世を風靡(ふうび)した野口五郎が誕生日ケーキを運びながら登場。野口から「1回だけ、恥ずかしいけど、抱いていいか? 人生で一回だけだよ。70になったらやらないよ」と尋ねられた西城は、照れくさそうにしながらも熱くハグ。650人のファンから大歓声が起こった。

【写真】その他の写真を見る


 野口は西城について「お前を超える人はいないよ」と賞賛し、「『ヒデキなんかしない?』って言ったら『まかせる』っていったよな。もしかしたら2人でお茶飲むだけかもしれないけど…なんかしようよ」と今後の活動を提案。野口とのハグの感想を聞かれた西城は「気持ちよかった」と満足げに語った。

 2003年6月、11年12月と2度、脳梗塞を発症した西城は、現在でも右足と右手にしびれが残っており、リハビリを継続中。ステージへの登場時間は全体2時間弱のうち30分程度だったが、多彩なゲストやファンから祝福を受け「涙が出そう…」と時折、頬を手でぬぐい感激した。

 この日は8年半ぶりの新アルバム『心響-KODOU-』に収録された新曲「蜃気楼」など、5曲を披露。熱い声援に「うれしいね」と噛み締め「なにを目指すか…一歩一歩目の前のことをやっていくね」と決意を新たに。最後には、「イエーイ!」と力いっぱいの声で盛り上げ、出演者とともに大ヒット曲「ヤングマン」を「YMCA」の振り付きで熱唱。最後には「ヒデキ、還暦!」とお決まりのフレーズで締めた。

 イベントではこの他、お祝いに駆けつけた豪華ゲストが続々登場。元日本テレビアナウンサーの小倉淳が司会を務めるなか、山口智充、ZIGGYの森重樹一、アンダーグラフ、松岡充、河村隆一などが西城の持ち歌で盛り上げた。お土産として来場者全員に西城がかつてCM出演し『ヒデキ、感激!』のフレーズが大流行したバーモントカレーのパッケージに西城の写真と『ヒデキ、カンレキィ〜』の文字が入った特別版がプレゼントされた。



関連写真

  • バースデーイベント『HIDEKI SAIJO 60th Birthday〜還暦〜』を開催した西城秀樹
  • 小倉淳とのトークで涙ぐむ西城秀樹
  • バースデーイベント『HIDEKI SAIJO 60th Birthday〜還暦〜』を開催した西城秀樹

オリコントピックス