℃-ute、湘南乃風SHOCK EYEの強運頼み!? 目指すは初1位&横アリ満員

結成10周年記念日の6月11日に単独公演を行う横浜アリーナで会見を行った℃-uteと湘南乃風SHOCK EYE

結成10周年記念日の6月11日に単独公演を行う横浜アリーナで会見を行った℃-uteと湘南乃風SHOCK EYE

写真ページを見る

 アイドルグループ・℃-uteが30日、結成10周年記念日の6月11日に単独公演を行う横浜アリーナで、トリプルA面シングル「The Middle Management 〜女性中間管理職〜/我武者(がむしゃ)LIFE/次の角を曲がれ」(1日発売)のPR会見を行った。同イベントには、収録曲「我武者LIFE」の作詞者であり、占い師タレント・ゲッターズ飯田から「歩くパワースポット」と言われるほど強運の持ち主でもある湘南乃風SHOCK EYEが応援に駆けつけ、運気とエールをメンバー5人に送った。

【写真】その他の写真を見る


 リーダーの矢島舞美は、SHOCK EYEが作詞した「我武者LIFE」について「℃-uteの歴史を感じることができる楽曲。こういう道のりを歩んできたんだなとわかってもらえると思います」と紹介。SHOCK EYEは「メンバー同士だと照れくさくて言えないこともあると思うけど、俺が書くことで“言わしてしまえ”と。それによって℃-uteの絆がより深まって、次に進むきっかけになればいいなと思います」と話した。

 結成10周年の記念日に同所で行われる単独公演について矢島は「私にとっては手の届かない夢のようなステージで、まさか、かなう日が来るとは思ってなかった。それが結成10年の記念日に実現することになって…」と感慨深げ。「最初に聞いたときは信じられない気持ちだったんですけど、最近はだんだんとここに立つんだという実感がわいてきました。一人でも多くの方に来ていただいて感謝の気持ちを届けたい!」と力を込めた。

 「昔の歌もたくさん歌いたい」と言う矢島は「メンバーが一番多いときには8人いたのですが、全員に声をかけて、観に来てもらえればうれしい」とニッコリ。萩原舞が「横浜アリーナを最終目標ではなく通過点にしたいので、これからもっと頑張ります!」と意気込むと、岡井千聖は「SHOCK EYEさんの運も借りて、どうにか横浜アリーナを満員にできたら」とSHOCK EYEの強運を頼りにした。

 湘南乃風のライブといえばタオル回しが代名詞だが、先日メンバー5人分のタオルを持って℃-uteのコンサートを訪れたというSHOCK EYEは「しっかり回さないといけないと思ったら、プレッシャーになっちゃって。直前にワタワタしちゃって、あんな下手くそなタオル回しはなかったな」と苦笑い。「6月の(横浜アリーナ)公演ではみんなのパフォーマンスをかみしめながら、お客さんと一緒に回せたら」と“リベンジ”を誓っていた。

 会見の前日には、三重・伊勢神宮で℃-uteのヒット祈願をしてきたというSHOCK EYEは「昨日、伊勢は雨だったんですけど、雨の伊勢神宮って浄化されるらしくて、めちゃめちゃ縁起がいいとのことで、今回のシングルのヒット祈願もしてきました!」と報告。℃-uteのメンバーはこれまで経験したことのないオリコン1位を目指すと息巻き、中島早貴が「SHOCK EYEさんの祈願の力もお借りてして、1位をとりたい」と宣言すると、SHOCK EYEは「運気があれば何でもできる!」と叫び、パワーを送っていた。

関連写真

  • 結成10周年記念日の6月11日に単独公演を行う横浜アリーナで会見を行った℃-uteと湘南乃風SHOCK EYE
  • “運気を上げるポーズ”で記念撮影
  • 「歩くパワースポット」湘南乃風のSHOCK EYEが℃-uteの応援に駆けつけた

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索