アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 「オープンデータ」アプリが、五輪開催地・東京の交通課題を楽しく解決

「オープンデータ」アプリが、五輪開催地・東京の交通課題を楽しく解決

 今年は2015年。ということは、あと5年で「東京五輪」がやってくる。日本で似たようなビッグイベントといえば、2002年のサッカーワールド杯が思い起こされるが、あれは日本と韓国の共催。2ヵ国の各地に競技場が分散していたので、たとえば東京に急に人が増えたという感覚は少なかった。しかし、五輪は東京での開催。地方、そして海外からも多くの人たちが押し寄せる。ただでさえ日常的に混雑している電車や道路だけに、2020年はどんなことになってしまうのだろう?

【写真】その他の写真を見る


 などと考えていたら、それを見越して開発されたアプリがあることを発見したので紹介しよう。プロモーションやマーケティング戦略のコンサルティングからデジタルコンテンツの制作・運営などまで広く手掛けている、博報堂アイ・スタジオ制作のインスタレーションアプリ「TOKYOTOKYO」だ。東京メトロが開催した「オープンデータ活用コンテスト」において、goodデザイン賞を受賞しており、東京メトロが提供しているデータを、リアルタイムに分析し、わかりやすいユーザーインタフェースに落とし込むことで、走っている総車両数や混雑状況を可視化したり、独自のおすすめスポット情報を紹介してくれたりする。今はアンドロイドのアプリのみの展開となるが、「2020年の五輪を控える東京の交通課題を楽しく解決する」ことをテーマに、東京を訪れる外国人のためにアプリ制作に取り掛かったと同社の開発メンバーは語る。

 ちなみに同社には、同様にオープンデータを活用した、「花粉くん」というアプリもつくっており、こちらも昨年の3月に、オープンデータ流通推進コンソーシアムと総務省が共催した、「オープンデータ・アプリコンテスト」で最優秀賞を受賞。とてもツライ花粉症だが、少しでも楽しく乗り切ってもらおうと、花粉飛散情報とTwitterの花粉に関するツイート、そして「花粉くん」というキャラクターを組み合わせた内容となっている。

 ここで気になるのが、「オープンデータ」という言葉だ。これは企業や行政などが持っているデータを、文字通り、公にオープンにしているもの。欧米を中心に一般化しつつあるオープンデータという考え方だが、日本の鉄道事業者でそれを開示したのは今回が初めての試み。オープンデータについて、同社の開発メンバーは、「弊社では、「クリエイティブ」に、「データドリブン」というコミュニケーションシナリオを掛け合わせることで、企業と生活者とのより深いエンゲージメントの実現を目指しており、オープンデータの活用も積極的に取り組んでいます。これまでのオープンデータ活用は、そのまま抽出したものをきれいに見せるだけといったものが多いと感じていました。本当にユーザーが求め、役立つと感じてもらうためには、単なるデータの羅列にとどめるのではなく、公開されたデータをリアルタイムに分析し、わかり易くクリエイティブな手法で表現することで、生活者にとって楽しく使ってもらえるようにしていくことが大事」と語る。

 また、データはその企業や行政が独自に集めているもので、当然、ビジネスやお金にも結びつく。そのため、なかなかそれがオープンにはなりづらいという現実もある。しかし、そういった垣根をうまく取り払おうという動きも少しずつ出てきており、同社開発メンバーも、「たとえば地震などの災害時を想定してみても、オープンデータが増え、それらの情報を全部リンクさせ人々が直感的に理解できるクリエイティブ要素をプラスし発信していくことで、すごく便利で安全な世界になると思います」と、今後のオープンデータ活用の将来性を語る。

 アプリはいまも充分に使い勝手がいいが、2020年、東京五輪が開催される頃には、オープンデータをとりまく状況は驚くほど変化し、飛躍的に便利な世の中になっているかもしれない。

⇒『TOKYOTOKYO』はコチラ

関連写真

  • 東京メトロが提供しているデータをリアルタイムに分析、独自のおすすめスポット情報を紹介してくれる『TOKYOTOKYO』
  • 東京メトロが提供しているデータをリアルタイムに分析、独自のおすすめスポット情報を紹介してくれる『TOKYOTOKYO』
  • 東京メトロが提供しているデータをリアルタイムに分析、独自のおすすめスポット情報を紹介してくれる『TOKYOTOKYO』
  • 東京メトロが提供しているデータをリアルタイムに分析、独自のおすすめスポット情報を紹介してくれる『TOKYOTOKYO』
  • 『花粉くん』アプリ
  • 『花粉くん』アプリ

オリコントピックス