アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『ワラッチャオ!』桑子お姉さん卒業 後任は声優の寺崎裕香

『ワラッチャオ!』桑子お姉さん卒業 後任は声優の寺崎裕香

 NHK・BSプレミアムで放送中の子ども向け番組『ワラッチャオ!』(毎週日曜 後5:30)で「お姉さん」を務めた桑子真帆アナウンサーが、きょう29日放送回をもって番組を卒業。後任として『イナズマイレブンGO』の松風天馬役などで知られる声優の寺崎裕香が4月5日の放送回から登場する。なお、4月から放送時間が変更される。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は、子どもを楽しく笑わせることをコンセプトに、2013年3月に初放送され、同年10月よりレギュラー放送がスタート。とある町「テコリンタウン」にあるシェアハウス、「テコリンハウス」を舞台に、NHKらしからぬ個性的なキャラクターと子どもたちが、コントやゲーム、アニメなどで笑いを巻き起こす。4〜6歳くらいの子どもたちから、少し年上のお姉さん、お兄さん、保護者の大人たちまでもが楽しめる番組として、じわじわ浸透しつつある。

 きょう午後5時半から放送される桑子アナお姉さんの最終回は、テコリンハウスのみんなで「さよならお姉さんパーティー」を開くことに。2年間の名場面を振り返りながら、卒業お祝いメッセージやプレゼントでお姉さんを送り出す。テコリンダンスも今回が踊り納め。さらにサングラスがトレードマークのあの大物もゲストとして登場する。桑子アナは4月より『ブラタモリ』(4月11日スタート、毎週土曜 後7:30〜8:15)でタモリの相手役を務めるほか、『NHKニュース7』(月〜金 後7:00)のサブキャスターなどを担当する。

 後任の寺崎は「普段は声の仕事をしているので、顔を出して子どもたちと触れ合う仕事はほぼ初」ということだが、大学の専攻は幼児教育学科だったため、幼稚園教諭一種の免許を取得していたほど、「子どもたちは大好き」と話している。「多分子どもの前では体当たりでいくしかないと思うので、私自身をさらけ出していく」覚悟で、「自由に楽しく子どもたちと番組を作っていきたい」と新たなチャレンジに期待をふくらませていた。

 ほかに、新キャラクターの「ウイルス君」の声をお笑い芸人のゴー☆ジャス、「スミスちゃん」の声を声優の中村繪里子が担当する。

 新年度(4月5日)からは毎週日曜午前10時半から放送。再放送は木曜午前6時と午後6時の2回。



関連写真

  • NHK・BSプレミアムの子ども番組『ワラッチャオ!』のお姉さんが桑子真帆アナウンサーから声優の寺崎裕香にバトンタッチ(C)NHK
  • 新キャラクター「ウイルス君」「スミスちゃん」も登場(C)NHK
  • 新メンバーの(左から)中村繪里子(スミスちゃん)、寺崎裕香(お姉さん)、ゴー☆ジャス(ウイルス君)(C)NHK
  • NHK・BSプレミアムの子ども番組『ワラッチャオ!』の2代目お姉さんに決まった寺崎裕香(C)NHK

オリコントピックス