アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『映画ドラえもん』初登場1位 『プリパラ』初の劇場版も健闘

『映画ドラえもん』初登場1位 『プリパラ』初の劇場版も健闘

 3月7・8日の週末全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、7日より全国365スクリーンで公開された映画『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』が、2日間で55万7310人を動員し、1位に初登場した。興行収入は6億4473万5500円だった。昨年3月公開の前作『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 −ペコと人の探検隊−』(35.8億円)と比較すると、興週比107.4%の高稼働で好スタートを切った。

 同作は、1980年『のび太の恐竜』から始まった「映画ドラえもん」シリーズの35周年記念作品。宇宙を舞台に、ドラえもんのひみつ道具“バーガー監督”を使ってヒーロー映画を作っていたのび太たちが、ひょんなことからポックル星を守るために本物のヒーローとなって戦う大冒険が描かれる。ゲスト声優で爆笑問題の田中裕二観月ありさ市村正親が参加している。

 アニメ作品では、7日に全国40スクリーンで公開された『劇場版プリパラ みーんなあつまれ!プリズム☆ツアーズ』が10位にランクイン。女の子の間で人気を博すゲーム&アニメ『プリティーリズム』の後継シリーズとして開発された『プリパラ』初の劇場版アニメ。4つの異なるストーリーが用意されており、週替りで物語が変化することでも話題となっている。



オリコントピックス