バイトAKB、劇場公演で契約満了 正規登用ならずNGT48・ドラフト・裏方志望も

昨年10月中旬から時給1000円で活動を始めた「バイトAKB」が28日、東京・秋葉原のAKB48劇場で、“最初で最後”の『バイトAKB公演』を行い、同公演をもって契約を満了した。“正社員”登用とはならず、10月に新潟に発足する姉妹グループNGT48のオーディション、あす3月1日に3次審査が行われる『第2回AKB48グループドラフト会議』の候補生入りを目指すメンバーも。元AKB48の4期生にしてバイトAKBの佐伯美香(25)は「スタッフにチャレンジしたい」と裏方志望であることを明かした。

4ヶ月半の間、劇場公演の前座やバックダンサー、CM・テレビ番組出演のほか、昨年末の『NHK紅白歌合...

この記事の画像

  • 最初で最後の『バイトAKB公演』で契約を満了したバイトAKB(28日=AKB48劇場)(C)AKS
  • 思わず涙するメンバーも…
  • ゲネプロ後、取材に応じた(左から)方伊儀まどか、佐伯美香、高橋希良、中川里菜、西潟茉莉奈、松岡はな (C)ORICON NewS inc.
  • 『バイトAKB 素敵な思い出をありがとう公演』より(C)AKS
  • 『バイトAKB 素敵な思い出をありがとう公演』より「てもでもの涙」(C)AKS
  • 『バイトAKB 素敵な思い出をありがとう公演』より「てもでもの涙」を歌う佐伯美香(C)AKS
  • 佐伯美香は“持ち歌”のユニット曲「てもでもの涙」を披露 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索