アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 川田裕美アナ『ミヤネ屋』涙の卒業「4年間やってきてよかった」

川田裕美アナ『ミヤネ屋』涙の卒業「4年間やってきてよかった」

 読売テレビの川田裕美アナウンサー(31)が27日、2011年4月から4年間、MCを務めてきた『情報ライブ ミヤネ屋』(毎週月〜金 後1:55〜)を卒業した。きょうで974回目の出演となった川田アナは番組エンディングで「この4年間、ミヤネ屋をやってきてよかった」と涙し感謝の思いを伝えた。

 この日、番組終盤には川田アナの思い出を映像で振り返り、VTR明けには、これまでともに歩んできた宮根誠司(51)から「きょうをもって『ミヤネ屋』を卒業ということで、お疲れさまでした。フリーとして頑張っていただきたいと思います」と声を掛けられると涙。

 花束が贈られると「この4年間、ミヤネ屋をやってきたよかったと思うことは、宮根さん、出演者の皆さん、スタッフと信頼関係が築けたことだと思っています」と感謝し「これまで応援してくれた視聴者の皆さん、本当にありがとうございました。これからも『ミヤネ屋』は新しいことに挑戦する番組だと思いますので、これから変わらず応援をお願いします」と呼びかけた。

 川田アナのあいさつ後には、後任の林マオアナウンサー(30)もスタジオに登場。「川田さんの背中を見て…」ともらい泣きし「何もできないですけれども、一生懸命頑張ります」と意気込みを語った。

 川田アナは今後、3月末で同局を退社。4月からは、セントフォースに所属し、東京を拠点にフリーアナとして活動する。



オリコントピックス