• ホーム
  • 映画
  • 小林武史氏、長編アニメ『花とアリス』絶賛「納得感あった」

小林武史氏、長編アニメ『花とアリス』絶賛「納得感あった」

 音楽プロデューサーの小林武史氏(55)、岩井俊二監督(52)が16日、都内で行われた長編アニメーション映画『花とアリス 殺人事件』(20日公開)公開記念・岩井俊二映画祭『スワロウテイル』トークショーに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 小林氏は、映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)など、岩井監督の作品に音楽担当で参加。今回、岩井監督が初めて挑んだ長編アニメ『花とアリス殺人事件』を鑑賞し、感想を求められると「すごいおもしろかった」「岩井俊二は、ここに辿り着いたのかと納得感あった」と話した。

 これまで実写を手がけてきた岩井監督だが、小林氏は「実写で撮る上手さもあるが、アニメを通して吹き込んでいくリアリティも、ある意味一緒なんだなって思った」といい、「同時に、『リリイ・シュシュ』みたいな、はみ出した作品をやろうっていう気持ちもあるが、岩井俊二のこのサイズ感が好きなんだよね。商業的にもうまくいくんじゃないかな」と絶賛した。

 岩井監督は、同作について「土壇場ギリギリまで四苦八苦して、寝ずにやっていた」と苦笑い。『スワロウテイル』も同様で、「間に合わないスレスレだった」と告白し「フィルムを、渋谷の映画館までそのまま運んで、出来ていないシーンは、観せるわけにはいかないので、その場で切って、つないだ」と裏話を明かした。



関連写真

  • 長編アニメ『花とアリス殺人事件』を手がけた岩井俊二監督(左)を絶賛した小林武史氏(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 長編アニメーション映画『花とアリス 殺人事件』公開記念・岩井俊二映画祭『スワロウテイル』トークショーに出席した(左から)岩井俊二、小林武史 (C)ORICON NewS inc.
  • 長編アニメーション映画『花とアリス 殺人事件』公開記念・岩井俊二映画祭『スワロウテイル』トークショーに出席した小林武史 (C)ORICON NewS inc.
  • 長編アニメーション映画『花とアリス 殺人事件』公開記念・岩井俊二映画祭『スワロウテイル』トークショーに出席した岩井俊二 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス