• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、『R-1ぐらんぷり』は「客が重い」

松本人志、『R-1ぐらんぷり』は「客が重い」

 お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志(51)が、15日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。今月10日に行われた“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2015』について持論を展開した。

 同局で生放送された大会の模様を「もちろん見ました」という松本は、「面白かったですよ」とした上で、「お客さん、重いね」と観客の反応について指摘。「(前回王者の)やまもとまさみとか面白ろいやんって思って観ていたけど、全然受けていない。逆にそれがオモロなってきた」と語った。

 一方、同番組に出演する前園真聖氏が、優勝したじゅんいちダビッドソン(40)の紹介VTRに登場し、観客の笑いを誘っていたことも見逃さず、「あんな重い客が笑うなんて…」と驚きの表情。

 また、「1本目と2本目のネタはある程度同じにしてくれないと、別物になってしまうから気持ち悪くない?」といい、「じゅんいちダビッドソンは(サッカー日本代表の)本田で統一しているからいいけど、漫才やコントとは違ってピンネタでまったく違うキャラやられちゃうと、あまりにもリセット感がでちゃう」と違和感を口にしていた。



オリコントピックス