• ホーム
  • 芸能
  • シーナ&ロケッツのシーナさん死去 夫・鮎川誠「2人の愛は永遠だぜ」

シーナ&ロケッツのシーナさん死去 夫・鮎川誠「2人の愛は永遠だぜ」

 ロックバンド「シーナ&ロケッツ」のボーカル、シーナ(本名:鮎川悦子)さんが14日午前4時47分、子宮頸がんのため、都内の病院で亡くなった。61歳だった。葬儀は家族と関係者のみで執り行い、後日、お別れ会が予定されている。

【写真】その他の写真を見る


 バンドの公式Facebookによると、最期はシーナ&ロケッツの35年分の音楽を病室でかけるなか、夫で同バンドのギタリスト・鮎川誠(66)に抱えられ、家族が手を握りながら永眠した。

 鮎川は「シーナはロックが大好きなファンに愛されて、とても幸せでした。シーナは『ROKKET RIDE』を聴きながら、息を引き取ってしまったけど、最高のレコードを作ったことと最高の歌を歌ってくれてありがとう、とシーナへ叫んだ。『ROKKET RIDE』はシーナと俺の歌。2人の愛は永遠だぜ」と綴っている。

 シーナさんは昨年7月に体調を崩し、病院で検査した結果、末期がんであることを告げられたが、治療よりも歌うことを優先。ファンには公表せず、闘病しながら同7月に18枚目のオリジナルアルバム『ROKKET RIDE』を発売した。

 9月13日には東京・日比谷野外大音楽堂で35周年記念ライブを開催。全国ツアーも精力的に行っていたが、11月21日の公演では足が動かなくなり、イスに座ってのライブに。11月26日に都内の病院に入院したが、子宮頸がんが12月10日に脊髄に転移していたことが発覚。足がしびれて車イス生活となったが、復帰への意欲と覚悟を持って治療に専念していたという。

 福岡県北九州市出身のシーナさんは78年に鮎川とともにバンドを結成し、「涙のハイウェイ」でデビュー。79年に「ユー・メイ・ドリーム」がヒットし、日本を代表する女性ロックシンガーとなった。



関連写真

  • シーナ&ロケッツのシーナ(鮎川悦子)さんが死去(享年61)。心よりご冥福をお祈りいたします
  • 日本を代表する女性ロックシンガーとして人生を駆け抜けた
  • 2014年9月13日に東京・日比谷野外音楽堂で行われたシーナ&ロケッツ35周年記念ライブの模様
  • シーナ&ロケッツのシーナ(鮎川悦子)さんが死去(享年61)。2014年9月13日に東京・日比谷野外音楽堂で行われたシーナ&ロケッツ35周年記念ライブの模様
  • シーナ&ロケッツのシーナさんが死去(享年61)

オリコントピックス