アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • cali≠gari、第8期は3人で始動 新アルバムにドラマー4人参加

cali≠gari、第8期は3人で始動 新アルバムにドラマー4人参加

 昨年9月に東京・日比谷野外大音楽堂公演で行われた「第7期終了ライブ」をもって、15年間在籍したドラマー・武井誠が脱退したビジュアル系バンド・cali≠gari(カリガリ)が、第8期を始動することが16日、わかった。バンドを継続するのか、新ドラマーは誰になるのかウワサが絶えなかったが、既存メンバー・桜井青(G&Vo)、石井秀仁(Vo&G)、村井研次郎(B)の3人で活動することが明らかになった。

 3月11日には、日本コロムビア移籍第1弾アルバム『12』を発売。武井に代わる正式なドラマーが不在なことから複数のドラマーに参加をオファーし、上領亘(NeoBallad)、Tetsu(D’ERLANGER)、SATOち(MUCC)、中西祐二が数曲ずつ担当した。関係者によると、「今まで以上に攻撃的で勢いが増した」作品に仕上がっているという。

 本作は狂信盤(初回限定盤)、良心盤(通常盤)の2形態で発売。狂信盤の付属DVDには、メンバー×ゲストドラマー対談、メンバーインタビュー、ジャケット撮影メイキング映像などが収録される。



オリコントピックス