アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • “世界一”寝ていない!? 日本の赤ちゃんの睡眠を守るプロジェクト発足

“世界一”寝ていない!? 日本の赤ちゃんの睡眠を守るプロジェクト発足

 近年、赤ちゃんの寝姿を洋服や小物でアレンジしてかわいい写真を撮る“寝相アート”が、SNSを中心に「癒される」「かわいい」と話題になっている。そんな大人たちの盛り上がりの一方で、「日本の赤ちゃんは世界一睡眠時間が短い」という事実が明らかに。そんな現状を受け、ベビー用品・乳幼児玩具メーカーのコンビでは、赤ちゃんの睡眠環境や質の向上させるための『もっと快適プロジェクト』を発足。心身共にリラックスできる寝姿勢を追求した製品づくりをテーマに活動している。

【写真】その他の写真を見る


 世界16ヶ国0〜3歳児の睡眠時間を調べたレポートによると、日本の赤ちゃんの睡眠時間は【11.37時間】ともっとも短い結果に。同調査で1番睡眠時間が長かったニュージーランドに比べると2時間近く、全体平均と比較しても、1時間近く下回ったという。同プロジェクトでは、赤ちゃんの睡眠の“量”はどうしても親の生活環境に左右されるとしながら、快眠を生むポイントとして睡眠の“質”に注目。体に負担がかかる無理な姿勢でのうたた寝だと、血行障害や慢性的な睡眠不足を招くと指摘している。

 12月には、同プロジェクトから誕生した新製品を発売。エアウィーヴ素材をベビーカーとして初めて搭載し、快適な寝姿勢を実現する『NEMURIE(ネムリエ)』や、乗り心地をサポートするチャイルドシート『NEROOM(ネルーム)』、心地よい揺れで眠りを誘うベビーラック『Nemulila(ネムリラ)』、程よいフィット感で安定した姿勢をキープする抱っこひも『Sat Fit(サット フィット)』などをラインナップ。重たい頭を支える首への負担を軽減する「体圧分散」、ムレやかぶれを防ぐ「通気性」をポイントに、赤ちゃんの貴重な睡眠時間をサポートしていく。

 また、今回のプロジェクト発足に合わせ、同社では赤ちゃんのかわいい寝顔を募集する「すやすや寝顔募集キャンペーン」も実施中。無防備であどけない我が子の寝顔は“天使”に例えられるほど、親にとって愛おしく、かけがえのないもの。快適な睡眠環境を整えてあげることで、赤ちゃんはますます豊かな表情で大人たちのココロを癒してくれるかも。



関連写真

  • かわいい寝顔を守ってあげたい! “世界一”睡眠時間が少ない日本の赤ちゃん
  • 世界の赤ちゃんの平均睡眠時間
  • エアウィーヴ素材をベビーカーとして初めて搭載した『NEMURIE(ネムリエ)』
  • 快適な乗り心地をサポートするチャイルドシート『NEROOM(ネルーム)』
  • 快適な乗り心地をサポートするチャイルドシート『NEROOM(ネルーム)』
  • 心地よい揺れで眠りを誘うベビーラック『Nemulila(ネムリラ)』
  • 程よいフィット感で安定した姿勢をキープする抱っこひも『Sat Fit(サット フィット)』
  • 程よいフィット感で安定した姿勢をキープする抱っこひも『Sat Fit(サット フィット)』
  • 赤ちゃんの睡眠環境を向上させる『もっと快適プロジェクト』
タグ

オリコントピックス