アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 中村獅童、サバイバル生活に思いを馳せ「新しい自分に出会えた」

中村獅童、サバイバル生活に思いを馳せ「新しい自分に出会えた」

 年末恒例、テレビ朝日系『芸能人サバイバル大賞2014 6時間スペシャル』(25日 後6:00〜深0:05)に、歌舞伎界から初フル参戦する中村獅童がこのほど取材に応じ、携帯電話の電波も届かない絶海の無人島で過ごした2泊3日を「新しい自分に出会えた…」と懐かしんだ。

【写真】その他の写真を見る


 18日放送の『いきなり!黄金伝説。』2時間スペシャルでは、獅童&遠藤章造(ココリコ)のサバイバルの模様が先行公開され、無類のラーメン好きが高じて「究極のサバイバル0円ラーメン」を作ろうと意気込む様子が紹介された。

 海で素潜りした経験もない獅童が、おっかなびっくり海に入り、モリ突きや耳抜きに初挑戦。魚は一匹も獲れず、さらにラーメンのスープ作りを任された遠藤は何も知らずにアクもうま味も全て取り除いてしまう大失態。サバイバル生活は前途多難なスタートとなった。

 この後、遠藤の相方・田中直樹も巻き込み、ラーメン作りに励む3人。無人島生活で「新しい自分に出会えた」という獅童は「思っていたい以上に頑固な自分に驚きました。お腹がペコペコだから、魚を焼いて食べようという空気になっても、頑なにそれを許さなかった。全部スープの材料にしました」としたり顔。

 頑固一徹。スープを味見する以外、何も食べられなかったココリコの奮闘の甲斐もあって、ラーメンは無事、完成する。獅童は「どうなっちゃうかと思ったけど、食べたら意外とおいしかった。思い入れが違う。自分で魚をとって、田中くんが麺を打って、遠藤くんがスープを煮込む火加減を寝ないで見ていてくれて、そういう思い出とともに出来上がった一杯のラーメン。一期一会だし、僕にとっては最高の一杯になりました」。

 サバイバル生活を経験して「普段、仕事を支えてくれているスタッフや、身の回りの世話もしてくれるお弟子さん、普段からそのありがたみはわかっていたつもりだけど、改めて痛感しましたし、いい経験になりました」と感慨に浸っていた。



関連写真

  • 無人島で2泊3日にわたる自給自足のサバイバル0円生活に初挑戦した中村獅童(C)テレビ朝日
  • 中村獅童(中央)とココリコ・遠藤章造(左)、田中直樹(右)(C)テレビ朝日
  • 中村獅童が「獲ったど〜」(C)テレビ朝日
  • 12月25日放送『芸能人サバイバル大賞2014 6時間スペシャル』(C)テレビ朝日

オリコントピックス