• ホーム
  • 芸能
  • 夕食を作る人の7割「レシピ検索すら面倒」 そんな人にオススメのうれしいアプリ

夕食を作る人の7割「レシピ検索すら面倒」 そんな人にオススメのうれしいアプリ

 共働きも多く、時間の足りない現代人にとって、いい夫婦でいるために大切なのが、家事をいかに分担して、日々こなしてくかということになるだろう。
 
「家事の役割分担」は、現代夫婦の誰もが一度は話し合った経験のあるトピックだと思うが、夫婦の多くが重要視している家事は、どうやら「料理」ということになるようだ。
 
 このたび東京エレクトロン デバイス株式会社が、いい夫婦の日に合わせて実施した30〜40代の子育て夫婦600名にアンケート調査によると、『「掃除」「洗濯」「料理」の三大家事のうち、もっとも手を抜きたくないのは?』という質問に対して、55.5%の人が「料理」と答え、27.2%の「掃除」、17.3%の「洗濯」を大きく引き離す結果となった。

【写真】その他の写真を見る


 こだわりがあるということはつまり、上手くいっていればいるほど、良い影響を与えるが、逆に、もしそこに 不満が募れば、夫婦関係に大きく影を落とす要素にも変化してしまう。ということで、さらにアンケートで 料理をする人490名に、『料理をする時のストレスは?』と聞いたところ、38.8%の人は「献立を考えるのが面倒なこと」と答え、30.3%が「献立のレパートリーが少ないこと」と回答。1位と2位どちらも、献立の 問題という結果となった。

 だが、いまやインターネットやアプリなどでも、検索すれば献立はたくさん出てくる。そんなにストレスになる ことなの? とも思ってしまうが、そうではない。夕食を作る人442名のうち、73.4%もの人が、「検索するのは面倒」と考えているのだ。たしかに、1回や2回なら問題なくても、毎日のように検索をして、作りたい ものをいくつか選び出し、そのための食材を買いにいって、と考えれば、その煩雑さは充分に理解できる。

 しかし、近年の技術の進歩はすばらしい。そんな人たちのために、と言ってもいいくらいアプリがじつは存在する。それが、お料理コンシェルジュアプリ、「Ohganic」だ。

そのときどきの要望や目的を登録すれば、自動的に献立を考えてくれるという、とても便利なアプリだ。 もちろん献立だから、考えてくれるのは単品レシピだけではない。主食から主菜、副菜、汁物までを   組み合わせた健康的な献立を、400万種類以上のなかから提案してくれるという。食事は、おいしさはもちろん、体にいいことも重要だから、これは本当にうれしい。

同アプリは、Android版もiOS版も用意。レシピを検索することにすら疲れを感じてしまっている人は、ぜひ活用してみてはいかがだろうか?

⇒お料理コンシェルジュアプリ「Ohganic」公式サイトコチラ

関連写真

  • 夕食を作る祭の悩みは尽きない!? 7割「レシピ検索すら面倒」という結果が
  • 【アンケート】夕食の献立はどのように決めていますか?

オリコントピックス