• ホーム
  • 芸能
  • 韓国で芸術三昧 新たな魅力を発見するこだわりの旅へ

韓国で芸術三昧 新たな魅力を発見するこだわりの旅へ

 音楽や人気ドラマなどの影響で多くの日本人が訪れており、いまや人気旅行先のひとつの韓国。最近は日本人観光客の訪れる場所の傾向に変化し、ひとつの“こだわり”に特化したテーマに沿った旅をしている人が増えているという。ORICONSTYLEでは、芸術に特化した旅に同行し、韓国の魅力に迫った。

【写真】その他の写真を見る


◆こだわりの詰まったアート巡り

 今回同行した旅は、韓国観光公社が世界中の一般旅行客へ向けたキャンペーン「To:ur Imagination(トゥ・ユア・イマジネーション)」に当選した米田一陽さんが、自ら考えたテーマに沿ったもの。米田さんに韓国の魅力を尋ねると「訪れる度に変化し続けているところが面白いですね。知らないカルチャーにもっと触れてみたい」という。

 最初に訪れたのが、韓国の伝統的な芸術だけではなく、世界中の若手アーティストの洗練されたアート作品も多数展示している「サムスン美術館Leeum(リウム)」。米田さんは特に同所10周年記念 プロジェクトとして制作された、俳優のソ・ジソブが出演する短編映画『双鹿紋(サンロクムン)』を見て「こういう表現ができるのかと衝撃を受けました。映像も美しかった」と興奮。

 また、伝統とモダン、食と芸術が融合した料理も味わうことができる韓定食『詩・画・談(シ・ファ・ダム)』(仁寺洞地区)の料理も堪能。まるで絵画のように美しく盛り付けられた料理に感動しながら舌鼓を 打っていた。Webデザイナーである米田さんは「今回の旅を通じてたくさんのインスピレーションをもらえる 素晴らしい経験でした」と満足そうな表情を見せた。

◆傾向に変化が テーマを決めたこだわりの旅が人気

 韓国観光公社では2011年より様々な形のキャンペーンを実施しており、一般の方を招待する形では昨年に引き続き2回目の開催となる。今回、「理想や夢の旅を叶えていただきたい」と募集をかけたところ、約19万人の応募があったという。韓国観光公社のカン・ジョンスン次長によると、「キムチやプルコギなどの定番料理や大きな都市だけでなく、韓国の人しか今まで知らなかったような小さな街、レアな場所にまで興味を持ってくださり、行ってみたいと考えている人が多かった」とか。

 今回同行した旅以外にも、「写真家としてソウルの街を撮影する旅」(ドミニカ共和国)、「伝統と 現代の建築物を巡る旅」(スペイン)、「K-POPとコリアンフードを満喫する旅」(オーストラリア)、 「韓国人の日常を体験する旅」(中国)など計8組16名が当選。それぞれが、夢の体験を楽しんだ。

 “自分の目的に合った旅”を求める傾向は、特に最近の日本人観光客に多くみられるという。「より詳細な部分で回る人が増えた。歴史、音楽、食など個別のテーマにカスタマイズした旅をされる方が多い。 テーマに特化した旅、というのが日本人にとって定番化していると思います」。同社は今後も、このような 取り組みを続けていきたいとしている。

韓国観光公社ブランドHP



関連写真

  • 韓国で芸術三昧 新たな魅力を発見するこだわりの旅へ (C)oricon ME inc.
  • 韓国で芸術三昧 世界中の若手アーティストの洗練されたアート作品も多数展示している「サムスン美術館Leeum(リウム)」 (C)oricon ME inc.
  • 韓国で芸術三昧 アートの街「梨花洞(イファドン)」を訪れた当選者の米田一陽さんとパートナーの坂本久枝さん (C)oricon ME inc.
  • 韓国で芸術三昧 世界中の若手アーティストの洗練されたアート作品も多数展示している「サムスン美術館Leeum(リウム)」 (C)oricon ME inc.
  • 韓国で芸術三昧 アートの街「梨花洞(イファドン)」長い階段を見上げると1枚の絵に (C)oricon ME inc.
  • 韓国で芸術三昧 アートの街「梨花洞(イファドン)」 街のいたる場所に作品が (C)oricon ME inc.
  • 韓国で芸術三昧 アートの街「梨花洞(イファドン)」 1枚の絵をよく見ると寄せ書きのようにサインが書かれているものも (C)oricon ME inc.
  • 韓国で芸術三昧 アートの街「梨花洞(イファドン)」長い階段を見上げるとタイルで描いた1枚のアートに
  • 韓国で芸術三昧 絵画のように美しく盛り付けられた韓定食『詩・画・談(シ・ファ・ダム)』(仁寺洞地区)も堪能 (C)oricon ME inc.
  • 韓国で芸術三昧 お話を伺った韓国観光公社のカン・ジョンスン次長 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス