アニメ&ゲーム カテゴリ

宮沢りえ、7年ぶり主演映画への決意明かす 海外進出にも意欲

『第27回東京国際映画祭』コンペティション部門で唯一の日本代表作品『紙の月』に主演する宮沢りえ。海外進出にも意欲を見せていた (C)ORICON NewS inc.

『第27回東京国際映画祭』コンペティション部門で唯一の日本代表作品『紙の月』に主演する宮沢りえ。海外進出にも意欲を見せていた (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

 女優の宮沢りえ(41)が25日、都内で開催中の『第27回東京国際映画祭』(31日まで)のコンペティション部門に選出された映画『紙の月』(11月15日公開)の記者会見に出席。7年ぶりの映画主演作について「7年間貯めていたものを全部出せた」と自信を示した宮沢。“貯めていたもの”を改めて聞かれると「40代になるまでにできるだけ舞台に時間を費やしたいと思っていた」と、舞台で磨いてきた演技にかける思いを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 宮沢は「30代で野田秀樹さんの舞台『透明人間の蒸気』に参加したときに、演劇を作る場で自分の無力さに驚いて、これはいけないと思った。40代になったときに舞台に立っていられる役者になっていたいと思い、舞台をやりたかった」と熱弁。同作の出演経緯については「40歳になって映像と舞台とバランスよくやっていこうと思ったときにお話をいただいて、私はタイミングを大事にしているし、作品にも惹かれました」と話した。

 共演した俳優・池松壮亮(24)は、そんな宮沢の姿に「いろんな女優さんと出会ったけれど、ここまで作品に身も心も捧げられる女優さんを僕は知りません」と尊敬の眼差しを向けていた。

 宮沢の熱演も国内外から評価が高い同作。海外進出への意欲を聞かれた宮沢は「素敵な監督といい脚本があればどこへでも飛んでいきたい」と意欲を見せていた。

 同作は、直木賞作家・角田光代氏の小説を映画化。『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督がメガホンをとり、真っ当な人生を歩んでいたはずの平凡な主婦が起こした大金横領事件を描くサスペンス・エンターテインメント。

関連写真

  • 『第27回東京国際映画祭』コンペティション部門で唯一の日本代表作品『紙の月』に主演する宮沢りえ。海外進出にも意欲を見せていた (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『紙の月』に出演する池松壮亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 宮沢りえ(中央)、池松壮亮(左)、吉田大八監督(右)(C)ORICON NewS inc.
  • 『第27回東京国際映画祭』公式イベントに出席した映画『紙の月』に出演の宮沢りえ(中央)、池松壮亮(左)、吉田大八監督(右)(C)ORICON NewS inc.
  • 『第27回東京国際映画祭』コンペティション部門で唯一の日本代表作品『紙の月』の吉田大八監督(右)(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索