アニメ&ゲーム カテゴリ

3DCG『ドラえもん』、興収80億円突破

 藤子・F・不二雄氏の生誕80周年記念大作として初の3DCGアニメで描かれた『STAND BY ME ドラえもん』(公開中)の興行収入が80億円を突破したことが23日、わかった。8月8日の公開から76日目の10月22日までに、動員602万6561人、興収80億622万3700円を記録。また、発表済みの57の国と地域に加えて、フランスと中国での海外配給も決定した。

 子ども時代に憧れた『ドラえもん』の世界にそのまま入り込める圧倒的な映像と、大人も泣ける感涙のストーリーが話題となり、公開から3ヶ月が経った現在も、多くの劇場で上映中。『全国映画動員ランキング』(興行通信社調べ)のトップ10内に11週連続でランクインしている。

 今年度公開の邦画作品の1位は『永遠の0』(最終興行収入87.4億円)で、『STAND BY MEドラえもん』は、それに続く2位となり、両作を手がけた山崎貴監督作品が1・2位を独占。最新作の『寄生獣』(11月29日公開)も控えている。

【海外配給が決定した59の国と地域】

<アジア>
中国、韓国、台湾、香港、マカオ、シンガポール、マレーシア、ブルネイ、ベトナム、タイ、ラオス、カンボジア、ミャンマー、フィリピン、インドネシア

<インド及び周辺地域>
インド、ネパール、パキスタン、バングラデッシュ、スリランカ、モルディブ、ブータン

<中東>
アルジェリア、アフガニスタン、バーレーン、チャド、コモロ、ジブチ、エジプト、エリトリア、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、リビア、モーリタニア、モロッコ、オマーン、パレスチナ、カタール、サウジアラビア、ソマリア、スーダン、南スーダン、シリア、チュニジア、アラブ首長国連邦、西サハラ、イエメン、イラン、エチオピア

<欧州>
フランス、イタリア、サンマリノ、ヴァチカン、マルタ、モナコ、スイス、スペイン



タグ

オリコントピックス