アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 「マグネシウム空気電池×太陽光」 次世代電力モデルハウスに潜入

「マグネシウム空気電池×太陽光」 次世代電力モデルハウスに潜入

 東日本大震災以降、急激に高まっている電力供給への関心。現在のエネルギー資源には限界があり、このままのエネルギー消費が続けば、やがて資源が枯渇するとも言われている。いざというときや自然環境のためにも、新しいエネルギーが求められているのだ。そんな中、次世代エネルギーとして大きな注目を集めているのが「マグネシウム空気電池」。マグネシウム空気電池と太陽光を利用して、電力の自給自足を試みる『マグネシウム燃料電池ハウス』を訪ねた。

【写真】その他の写真を見る


◆天候等に左右されない、100%自家発電の次世代ハウス

 宮崎県・日向市の高台に建つ2階建てのコンテナハウス。2階のベランダには太陽光発電パネルが並べられ、庭の隅にも太陽光発電パネル付きの小さな小屋が建っている。その小屋の中にあるものは、太陽光発電パネルからの電力を蓄電するための鉛電池と、マグネシウム空気電池。太陽光の電力が不足する電力ピーク時や悪天候、夜間などは、マグネシウム空気電池から補う仕組みになっていて、家中の電力を電力会社から買わずに賄っているという。

 家の間取りはバス・トイレつきの1LDK。部屋には、冷蔵庫や電子レンジ、テレビに扇風機、シーリングライトなど、ごく一般的な家庭で必要な家電が備え付けられているもの。すぐにこのまま住むことができそうなほど、家電製品が充実している。これらをすべて太陽光発電とマグネシウム空気電池で動かすのだから驚きだ。

 今年の9月に公開されたこのモデルハウス。古河電池や再生可能エネルギー関連事業を展開しているオリコン・エナジーなど、数多くの参加企業との産学連携によって開発されたものだ。そもそもの発案者は、東北大学の小濱泰昭名誉教授。2012年に「太陽光など自然エネルギーで、マグネシウムを製造からリサイクルまで可能とする循環社会を構築する」という「マグネシウム・ソレイユ・プロジェクト」という構想を打ち出し、マグネシウム燃料電池ハウスの実証実験を行っている。


◆資源として無尽蔵なうえ、安価で安全なマグネシウム空気電池

 まだなじみの薄いマグネシウム空気電池だが、その特長とメリットについて、小濱名誉教授はこう語る。「資源となるマグネシウムは、地球上で8番目に多い元素。海水にも塩化マグネシウム(にがりの成分)として大量に含まれていて、ほぼ無尽蔵に存在しています。人体にも無害です。電池としてのエネルギー密度が高く、小型化にも向くうえ、現在主流のリチウムイオン電池より安価。しかも二次電池は自己放電を起こすため、充電しても時間が経つとエネルギーが目減りしますが、マグネシウム空気電池は、電解水を入れない状態で放置すれば50年、100年持つと考えられているため、非常用電源としても優れています」。

 災害時の電力確保は大きな課題だが、そんなニーズを受け、同プロジェクトに協賛している古河電池から12月、世界初の紙製容器でできた非常用マグネシウム空気電池『マグボックス』が発売される。水や海水を入れるだけで、スマートフォンを最大30回充電できるほどの大容量の発電が可能だという。

 今後この『マグネシウム燃料電池ハウス』では、実生活におけるマグネシウム電池の性能実験データなどを取得し、環境・生活・電力の関係を分析することで、一般普及に向くマグネシウム空気電池の開発を目指していく意向。さまざまな企業が関わって、研究開発が進んでいる次世代エネルギーに、各界からも熱い視線が注がれている。



関連写真

  • 宮崎県・日向市の高台に建つ『マグネシウム燃料電池ハウス』。一見普通の住宅だが、電力のすべてをマグネシウム空気電池と太陽光発電で賄っている
  • マグネシウム空気電池と太陽光発電ですべての電力を賄っている『マグネシウム燃料電池ハウス』の外観
  • 『マグネシウム燃料電池ハウス』に設置されているマグネシウム空気電池と鉛蓄電池
  • 『マグネシウム燃料電池ハウス』に設置されているマグネシウム空気電池
  • 『マグネシウム燃料電池ハウス』に設置されている太陽光発電パネル
  • 『マグネシウム燃料電池ハウス』に設置されているソーラーパネルによる電力の充放電コントローラーとDC-ACインバーター
  • 注目されている次世代エネルギー「マグネシウム空気電池」の非常用製品『マグボックス』(古河電池)
  • 「マグネシウム・ソレイユ・プロジェクト」の参加企業
タグ

オリコントピックス