• ホーム
  • 芸能
  • 【動画】冨永愛、長渕剛のスパルタ指導に泣き「すごい厳しかった…」

【動画】冨永愛、長渕剛のスパルタ指導に泣き「すごい厳しかった…」

 モデルの冨永愛(32)、長渕剛(58)が22日、東京・六本木ラフォーレミュージアムで行われた独り舞台『Ai 愛なんて 大っ嫌い』後に会見を開いた。冨永は、同舞台で脚本と演出を務めた長渕のスパルタ指導ぶりを振り返り「すごい厳しかった…」と明かした。

【写真】その他の写真を見る


 かねてより、長渕の楽曲を聴いていたという冨永は「海外でモデルとして戦っていた時に長渕さんの曲を聴いていて、つらい時に背中を後押ししてくれた方」だといい、長渕に今回の脚本と演出を依頼。

 長渕も冨永の人生の「突破口になれば」との思いで一肌脱いだ。昨年の夏に鹿児島で合宿を行い、坂道ダッシュなどスパルタ指導で冨永に愛のムチを振るい、あまりのハードさに「(冨永が)吐いていた」と壮絶なトレーニングを振り返った。

 歌手として、劇中の朗読には特に熱を入れて指導に当たった長渕。「(朗読の)スタジオで泣きましたね。赤子のように泣いていた」といたずらっぽく明かすと、冨永は「厳しかったです」と本音を吐露しつつも「でも同時にすごい優しかった」と感慨深げに話した。

 同舞台は、冨永の「愛と自分自身を探し続けた」半生を描いた初の同名自叙伝(29日発売)を記念した、一夜限りの公演。見事に演じきった冨永は「初めて感じる達成感ですね。感謝の気持がものすごくあります。ここにくるまでの一年間に積み重ねた時間と労力があったので」と感無量。“師匠”の長渕に向けて「感謝の気持ちでいっぱい」と心からのお礼を伝えた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 主演舞台『Ai 愛なんて 大っ嫌い』の会見に出席した冨永愛(左)と脚本&演出を担当した長渕剛 (C)ORICON NewS inc.
  • 胸元が透けた大胆ドレスで登場した冨永 (C)ORICON NewS inc.
  • 独り舞台『Ai 愛なんて 大っ嫌い』の会見に出席した冨永愛 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『Ai 愛なんて 大っ嫌い』の会見に出席した(左から)冨永愛、長渕剛 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『Ai 愛なんて 大っ嫌い』で脚本&演出を務めた長渕剛 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス