• ホーム
  • 芸能
  • “伝説のバンド”再結成は是か非か? ファンの本音に迫る

“伝説のバンド”再結成は是か非か? ファンの本音に迫る

ランキング表はこちら

 ここ数年、プリンセス プリンセス(期間限定)、ユニコーンLUNA SEAら、解散・活動休止していた人気バンドの再結成が相次いでいる。こうした流れのなか、氷室京介がライブ活動の無期限休止を発表したことでBOΦWY復活を待望する声も聞かれるなど、もはや復活・再結成するのが当たり前のような風潮になっている。嬉しい反面、複雑な心境のファンも多いはずだ。

■再結成は「嬉しい」という声が多数、だが「伝説のままで」という声も…

 今回、ORICON STYLEでは、10代から40代の男女を対象に、『自分が好きだったバンドが再結成することに賛成ですか?反対ですか?』というアンケート調査を実施。その結果、全体の実に76.8%が【賛成】と回答。特に男性は【賛成】が83.0%と、8割を超える結果となった。

 【賛成】の主なコメントとしては、「また、青春を味わえるのが嬉しい」(埼玉県/20代/女性)、「当時はライブに行けない年齢だったので、生で観られるなら嬉しい」(北海道/40代/女性)、「好きなアーティストの活躍をまた見ることができるのは嬉しい」(高知県/40代/男性)と、再び同じ時間を共有できることを純粋に嬉しいと考えているファンが多いようだ。また、「年齢を重ねたからこその経験が活かされて、さらに良い音楽を聴かせてくれると思う」(岡山県/30代/女性)、「時を経てどのような音楽を奏でるのか興味がある」(茨城県/40代/男性)など、解散や活動休止を経て、様々な経験を積んできたからこその円熟味を期待する声もあった。

 一方で、基本的には賛成としながらも、「また観られるのは嬉しいけど、正直微妙かもしれない。伝説は伝説のままにしてほしいという気持ちもある」(青森県/20代/女性)、「好きなバンドは観たいけど、場合によっては衰えが気になることも確か」(静岡県/40代/男性)という複雑な思いもあるようだ。【反対】のコメントでも、「思い出はきれいなままがいい」(愛知県/20代/女性)、「がっかりするのが怖い」(岡山県/30代/男性)といった意見が多かった。

■再結成は無いと分かっていながらも淡い期待を抱くリスナーも

 基本的には期間限定だったり、再結成したものの1、2年で再び活動の幕を閉じたりするバンドが多い中で、ソロ活動を経て再結成したユニコーンのように、当時のファンだけでなく、若い世代のファンを巻き込んで人気が再燃する例もある。「今人気のアーティストが影響を受けたバンドには興味があるし、上の世代との話のネタにもなる」(神奈川県/20代/男性)、「自分はあの頃のことを思い出して楽しめるし、今の子にとっては新しい音楽。親子で楽しめる」(兵庫県/40代/男性)といったように、継続していくためには、単に「懐かしい」に留まるだけでなく、“現役感”を保ったまま世代を超えて楽しめる音楽を提案していくことがポイントのようだ。

 今回の調査では、大多数が賛成としながらも、やはり再結成に対して複雑な思いを抱くファンも少なくはないことがわかった。また、「再結成しないという断固とした意志はかっこいいと思う」(兵庫県/20代/男性)というように、絶対に再結成はないとわかっているからこそ、そのバンドへと熱い思いを馳せるリスナーが多いようだ。とはいえ、好きなバンドの再結成をきっかけに、リスナーの眠っていた音楽への情熱を喚起することができれば、音楽シーン全体の活性化にもつながるかもしれない。この再結成ブームがどのような影響をもたらすのか、今後も注目していきたい。

TOP10ランキング表

【調査概要】
調査時期:2014年7月30日(水)〜8月5日(火)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査



オリコントピックス