• ホーム
  • 芸能
  • 【動画】ユリ・ゲラー、緊急来日記者会見でスプーン曲げ披露

【動画】ユリ・ゲラー、緊急来日記者会見でスプーン曲げ披露

 1974年、テレビ番組で不思議な能力を見せつけ、日本中に超能力ブームを巻き起こしたイスラエル出身のユリ・ゲラー氏が26日、都内で記者会見を開いた。ユリ・ゲラー氏は、「40年前、なぜ私が有名になったのかお目にかけたい」と100人近く集まった報道陣の前で伝説のスプーン曲げを披露。続いて、スプーンに親指を押し当てて指紋の型取り、さらに初披露となるラディッシュの種を「イチ、ニ、サン、ソダテ」と数回言っているうちに一粒の種が発芽する“奇跡”を起こしてみせた。

【写真】その他の写真を見る


 司会を務めた逸見太郎は「最初は疑っていたけれど、初めてスプーン曲げを目の当たりにして人生観が変わりそう」と驚きを隠せない。ユリ・ゲラー氏によって曲げ切られたスプーンにサインをしてもらったといい、「どんなに家計が傾いても、ネットオークションで売ったりしません」と誓っていた。

 ユリ・ゲラー氏は、CS放送「ファミリー劇場」で不定期放送されているオリジナル番組「緊急検証!」シリーズ最新作にして第9弾、『矢追純一は実在した!?〜会いに行ける矢追純一〜』に出演するため、このほど緊急来日。

 「矢追純一」とは、元日本テレビの番組ディレクターで、『11PM』『木曜スペシャル』などを手がけ、UFO、超能力、超常現象をテーマにした数々の番組を作り高視聴率を獲得。ユリ・ゲラー氏を日本に初めて紹介した人物としても知られる。今回の番組は、日本人にオカルトの基礎を植えつけた男、矢追氏とは一体何者なのかを検証する。

 ユリ・ゲラー氏と矢追氏がテレビで共演するのはおよそ四半世紀ぶりだが、二人の付き合いは超能力ブームが去った後も途切れることなく続いており、ユリ・ゲラー氏は「初めてお目にかかった時から兄弟としての付き合いが続くと感じていた」。日本でのブームが「スプーン曲げを文化にしてくれた」と、そのきっかけを作った矢追氏との運命的な出会いに心酔している様子も伺えた。

 超能力か否か、常に論争の中心にいるユリ・ゲラー氏だが、「スープンを曲げることが大事なことではない」ときっぱり。「もっと、自分の頭を使って世の中に役に立つことをやってほしい。前向きな思考を持つ人になってください。学校に行って、勉強してください。タバコは吸っちゃダメ。自分が成功するビジョンを持って行動してください。それが、常に私が出しているメッセージです」と熱弁をふるい、プレゼンターとしても超一流であることを見せつけた。

 きょうの記者会見の模様はあす27日、『緊急来日!ユリ・ゲラーVS矢追純一超常記者会見』(後11:00〜深0:10)として放送。また、10月20日には、ユリ・ゲラー氏の日本初来日時の番組『驚異の超能力!!世紀の念力男ユリ・ゲラーが奇蹟を起す!』を40年ぶりにテレビ初“再放送”(後11:00〜深0:10)、10月25日に『矢追純一は実在した!?〜会いに行ける矢追純一〜』(後11:30〜深0:30ほか)が放送される。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 驚くべき超能力をみせつけたユリ・ゲラー (C)ORICON NewS inc.
  • 『緊急来日!ユリ・ゲラーVS矢追純一超常記者会見』で驚異の発芽マジックを披露するユリ・ゲラー (C)ORICON NewS inc.
  • 『緊急来日!ユリ・ゲラーVS矢追純一超常記者会見』で矢追純一に絡むユリ・ゲラー、左は司会の逸見太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『緊急来日!ユリ・ゲラーVS矢追純一超常記者会見』(左から)司会の逸見太郎、矢追純一、ユリ・ゲラー (C)ORICON NewS inc.
  • 『緊急来日!ユリ・ゲラーVS矢追純一超常記者会見』(左から)司会の逸見太郎、矢追純一、ユリ・ゲラー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス