• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 深田恭子がセクシー“秘書”に! 悩殺ポーズで『GOETHE』表紙

深田恭子がセクシー“秘書”に! 悩殺ポーズで『GOETHE』表紙

 女優の深田恭子(31)が、あす23日発売の男性ライフスタイル誌『GOETHE』(幻冬舎)10月号で、“秘書”として表紙を飾っている。同誌の人気企画「秘書特集」の中で、インタビューのほか、全8ページにわたって、さまざまな秘書姿を大人の色気満載で披露している。

 深田は、自身初という秘書役について「秘書を任されるのは、知性のある女性という印象があります。でもその分、プライドも高いかもしれない」と分析。

 表紙では、色気漂う姿勢で書類を拾っているが、本人は「床に落としてしまった書類を拾うという設定を聞いて、むしろ腹立たしいんじゃないかなって。つまらないミスをした自分を認められず、ひとりで逆ギレしているような心境です(笑)」と明かし、「だから敢えて強い目線をカメラに向けてみました」と込めた思いを紹介している。

 また、結婚観についても触れ「それは悩みすぎて、もう悩むこともしなくなりました(笑)」と明かし、「20代の頃は、自分も近い将来結婚するのかなと思ったこともありましたけど、最近は憧れも焦りもない状態。結婚したくないわけではないですけど、しばらくはなさそうですね」と赤裸々に語っている。

 同特集では、そのほか、東京海上日動火災保険、星野リゾート、ユニバーサル ミュージック、日本トイザらスなどの実際の企業のスーパー秘書の仕事術を公開している。

関連写真

  • 色っぽいミニスカート姿で『GOEHTE』の表紙を飾る深田恭子
  • 深田恭子が秘書だったら…
タグ

オリコントピックス

 を検索