• ホーム
  • 映画
  • 杉咲花、『思い出のマーニー』第三のヒロイン“彩香”を好演

杉咲花、『思い出のマーニー』第三のヒロイン“彩香”を好演

 公開2週目で累計興収10億円を突破するヒットとなっているスタジオジブリ最新作『思い出のマーニー』(公開中)で、第三のヒロインともいえる少女・彩香を演じているのは女優・杉咲花。印象に残るキャラクターだっただけに、エンドロールのクレジットで気づいた人も多かったことだろう。

 杉咲は、2013年1月期のドラマ『夜行観覧車』(TBS)で反抗期の少女を熱演し、その演技力が高く評価された期待の若手。ぐっさん(山口智充)と豪快に中華を食べるCook Doや「蚊です」と福士蒼汰の頬の叩くKDDI auのCMでもおなじみの顔だ。

 同映画は、英国の同名児童文学を原作に、美しく広がる北海道の湿地を舞台にしたファンタジー。心を閉ざした12才の少女・杏奈と謎の金髪の少女・マーニー2人の少女のひと夏の出会いを描く。杉咲が演じる彩香は、東京からマーニーが住んでいた“湿っ地屋敷”に引っ越してきた少女で、マーニーの謎に興味を持ち、結果として杏奈の成長を手助けすることになる。

 杉咲は「声ひとつで感情を伝えることがとても難しかった」とアフレコ時を振り返りつつ、「彩香ちゃんは元気で好奇心旺盛な子なので、伸び伸びと演じさせてもらいました」と手応え。小さい頃からジブリ作品を観てきたという杉咲だが、声優として参加した『思い出のマーニー』は「みんなが優しくて、みんなが誰かのことを大切に思っているあたたかい映画。観た後には幸せになって帰れる、そして大切な人に会いたくなるような映画です」と特別な一作になったようだ。



関連写真

  • スタジオジブリ映画『思い出のマーニー』に彩香(さやか)役で声の出演をしている杉咲花
  • マニーの謎に迫る好奇心旺盛な女の子・彩香(さやか)(C) 2014 GNDHDDTK

オリコントピックス