アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • バトルファンタジー『トリニティセブン』今秋アニメ化

バトルファンタジー『トリニティセブン』今秋アニメ化

 主人公の少年と、罪(テーマ)により魔道を操る7人の少女たちが繰り広げるファンタジー漫画『トリニティセブン 7人の魔書使い』(原作:サイトウケンジ・奈央晃徳、KADOKAWA富士見書房『月刊ドラゴンエイジ』連載)が今秋、テレビアニメ化される。

【写真】その他の写真を見る


 アニメ『トリニティセブン』は、突如として起きた「崩壊現象」によって、従姉妹の聖を失った主人公・春日アラタは、大切な人を取り戻すため魔道士になることを決意し、魔道学校・王立ビブリア学園に入学する。そこに待っていった、「傲慢」「嫉妬」「憤怒」「怠惰」「強欲」「暴食」「色欲」の7つの罪により魔道を操る少女たち、通称「トリニティセブン」と、アラタとの物語が始まる。

 監督は、アニメ『あずまんが大王』や『とある魔術の禁書目録』など、数々のヒット作を手がけた錦織博氏。シリーズ構成は『マクロスF』や『ギルティクラウン』の吉野弘幸氏、キャラクターデザイン・総作画監督は友岡新平氏が務める。

 錦織監督は「さまざまなタイプの女の子が登場する、賑やかな作品なのですが、僕が最も惹きつけられたのは、主人公の男の子、アラタです。常に飄々(ひょうひょう)としながらも、自らの運命と向かい合い目的に向かって強い意志で行動する様はとても魅力的。原作のサイトウさん、作画の奈央さんと相談させていただきつつ、放映に向けて、さらに良い作品にすべくスタッフ一同全力で頑張っています」と力強いコメントを寄せた。

 アニメーション制作は『魔法少女リリカルなのは』を手がけたセブン・アークス・ピクチャーズが担い、魅力的なキャラクターはもちろん、原作コミックでも描かれる迫力のバトルシーンを再現する。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」


関連写真

  • 『月刊ドラゴンエイジ』(KADOKAWA 富士見書房)で連載中の『トリニティセブン 7人の魔書使い』がアニメ化、今秋放送開始(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会
  • ほかのキャラクター設定画は[拡大写真]をクリック(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会
  • 浅見リリス。拡大写真でほかのキャラクター設定画も掲載(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会
  • 今秋放送『トリニティセブン』神無月アリン。魔道の分類は「憤怒」で、テーマは「崩壊」(ルイーナ)(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会
  • 今秋放送『トリニティセブン』風間レヴィ。魔道の分類は「嫉妬」で、テーマは「期待」(エクスペクト)(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会
  • 今秋放送『トリニティセブン』山奈ミラ。魔道の分類は「傲慢」で、テーマは「正義」(ユースティティア)(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会
  • 今秋放送『トリニティセブン』不動アキオ。魔道の分類は「暴食」で、テーマは「信仰」(フィデス)(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会
  • 今秋放送『トリニティセブン』倉田ユイ。魔道の分類は「強欲」で、テーマは「友情」(アミキティア)(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会
  • 今秋放送『トリニティセブン』リーゼロッテ=シャルロック。魔道の分類は「怠惰」で、テーマは「停滞」(スタグナ)(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会
  • 今秋放送『トリニティセブン』セリナ=シャルロック。リーゼロッテの双子の妹(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会
  • 今秋放送『トリニティセブン』春日聖。春日アラタの従姉妹で、ともに生活をしていたが、ある日「崩壊現象」によって異空間に消えてしまい消息不明に(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA 富士見書房/トリニティセブン製作委員会

オリコントピックス