アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 東方神起、再始動後約3年で200万人動員 海外アーティスト史上最速で最多記録更新

東方神起、再始動後約3年で200万人動員 海外アーティスト史上最速で最多記録更新

 人気グループ・東方神起が22日、京セラドーム大阪で全国ツアー『東方神起 LIVE TOUR 2014 〜TREE〜』のファイナルを迎えた。同ツアーは、4月22日の神奈川・横浜アリーナを皮切りに11ヶ所29公演を行い、60万人を動員。東方神起は、再始動した2012年から約3年間で、海外アーティスト史上最速で最多の200万人を動員した。メンバーのユンホは、「東方神起になってよかったです。みなさんは宝物です」と感謝した。

 イメージカラーの赤いペンライトで埋め尽くされた会場に東方神起が登場すると、割れんばかりの歓声が会場に響き渡った。「Champion」でスタートしたこの日、「最終日なので最後まで全力で、テンションアゲアゲで行きたいと思います」(ユンホ)、「歌って踊ってはしゃぎましょう!」(チャンミン)とのっけからハイテンションの2人。ダンスナンバーの「SCREAM」や「B.U.T(BE-AU-TY)」では、息の合ったキレのあるダンスで魅了した。

 また、「Cheering」や「I love you」など、彼らの魅力のひとつでもあるミディアムナンバーでは、2人が絶妙なハーモニーを聞かせ、じっくりと聴き入る観客。「Wedding Dress」では、2人が向き合いお互い語りかけるように歌う姿と噴水の演出が相まって、感動的なステージを演出した。

 「最終日だから今日は普段よりも特別」(チャンミン)、「みなさんの熱いエネルギー伝わっています」(ユンホ)と熱気に包まれた会場。チャンミンは「最近、少女時代のライブに行って、お客さんの幸せそうな顔を見て、アーティストから大きな力をもらっているんだなと思いました。今日、(ファン)1人ひとりの顔を見たらすごく幸せそうな顔をしていました」と実感し、「歌とダンスで(誰かの)力になれるアーティストになれて、ひとりの人間として幸せです」と感慨深げに語った。

 このほか、6月11日に発売した新曲「Sweat」、人気曲「Why?[Keep Your Head Down]」や「OCEAN〜Somebody To Loveメドレー」など、アルバム『TREE』の楽曲を中心に全26曲約3時間半のステージを完走した。



関連写真

  • 東方神起(左からチャンミン、ユンホ)
  • 東方神起(左からチャンミン、ユンホ)

オリコントピックス