アニメ&ゲーム カテゴリ

大島優子、AKBは「人生の宝物」

 AKB48大島優子(25)の“2ヶ月越し”のリベンジとなる卒業コンサートが8日、東京・味の素スタジアムで行われた。メンバーとファンの「ヘビーローテーション」の大合唱のなか、バラの花で覆われたブランコで推定30メートルの高さまで上がった大島は、宙から隅々のファンにあいさつ。メンバーのいるメインステージから約100メートル先の反対スタンドのドアに消えていくと「私は本当にAKB48が大好きです。みんな、行ってきまーす!」と絶叫。メンバーは「行ってらっしゃーい!」と明るく送り出した。

 定刻から10分過ぎの午後5時10分。3月30日に強風と雷雨による荒天のため中止された東京・国立競技場公演の代替公演がスタートした。空には一面グレーの雲が垂れ込めていたが、5日の梅雨入りから降り続いていた雨もやみ、高橋みなみ(23)は「国立の借りを返しに来たぞー!」と絶叫。大島は「国立から2ヶ月、毎日祈ってた。バッチリだよ、お天道様」と曇り空にOKサインを出し、「雨が降らないだけでもありがたい」としみじみ喜んだ。

 ソロで歌った「あなたがいてくれたから」の曲中のセリフでは「あなたと私が作り上げて見てきた景色は あなたの宝物になりましたか 私にとっては一生の宝物です」と情感を込めて伝えると、頬に涙。峯岸みなみ(21)から「優子にとってAKBとは?」と聞かれたときにも「私の人生の宝物です」と言い切り、胸を張った。

 「After rain」では2階スタンドをトロッコで回り、ファンとハイタッチ。夜空を見上げ「みんな見てー? 月が出てるの! ありがとね〜」と客席に呼びかけたが、皮肉にも同じく歌詞に雨が出てくる「1994年の雷鳴」から雨が降りだし、そこからは雨模様に。大島が「天気もエンターテイナーですね」というように、最後まで雨が話題を振りまいた。

 アンコールでは、2期生で同期の秋元才加(25)、野呂佳代(30)、河西智美(22)、増田有華(22)ら卒業生9人も駆けつけた。同チームの象徴的な公演曲「草原の奇跡」のイントロが流れると、2006年4月1日のAKB48劇場デビューからチームK一筋だった大島を送り出すため、チームカラーの緑のペンライトが一斉に点灯し、グラウンドとスタンドが一面、草原と化した。

 「支え」の間奏では、この日出演したメンバーのうち263人と最後の“握手会”。誰よりも多くのファンと握手を交わしてきた大島は、メンバー一人ひとりにも「ありがとう」「頑張ってね」「応援してるからね」と声をかけ、約20分にわたって別れを惜しむと「メンバーは仲間以上の家族のような存在。この家族に入れてよかった。そして、私を見つけて応援してくださった皆さん、私に出会ってくれてありがとうございました」とファンに語りかけた。

 全44曲中28曲を歌い、7万人に送り出された大島は、あす9日、「心のホーム」という収容人数250人のAKB48劇場(東京・秋葉原)で行われる卒業公演をもってグループを巣立つ。

⇒【写真特集】フライングにも挑戦!優子、念願の卒業セレモニー



関連写真

  • 最後は“空中ブランコ”で「行ってきまーす!」と旅立った大島優子(C)AKS
  • 推定30メートルの高さから別れを告げた(C)AKS

オリコントピックス