ポール・マッカートニー、初来日以来48年ぶり武道館決定 10万円〜1500円席も

 元ザ・ビートルズポール・マッカートニー(71)が、今月21日に東京・日本武道館で来日公演を行うことが10日、わかった。ポールが武道館のステージに立つのは、1966年6月30日にビートルズのメンバーとして初来日公演を行って以来、実に48年ぶり。ポール自身も「武道館に戻れることをとても楽しみにしていたし、ついにそれが実現することに興奮しているよ」と胸を高鳴らせている。

 ポールがついに、「ロックの聖地」武道館に帰ってくる。いまや“伝説”と化している66年のビートルズ初来日公演は、大規模な警備体制のなか、6月30日、7月1・2日の3日間で昼夜全5公演を同所で開催。「ロック・アンド・ロール・ミュージック」「イエスタデイ」「アイム・ダウン」など全11曲が披露された。

 昨年11月、11年ぶりとなるジャパンツアー(3ヶ所6公演)で約26万人を動員したポールは、わずか半年で5度目の来日公演を決断。今月17・18日には、改修工事間近の東京・国立競技場で海外アーティスト初の単独公演、同24日には大阪・ヤンマースタジアム長居公演も決まり、チケットは完売していたが、ファンが待ちかねていた武道館公演は発表されないままだった。

 ポールの集客力を考えれば、武道館の収容人数は1万人弱と少なく、開催は難しいかと思われていたが、約半世紀を経て、ついに1日限りの夢のステージが実現。「武道館にはすばらしい思い出がある」と振り返るポールは「とてもエキサイティングな夜になるから、絶対に観に来てほしい! 5月21日(水)だからね」と念を押した。

 同公演は、平日開催ながら午後3時開演予定。チケットはアリーナ席10万円、S席8万円、A席6万円、B席4万円と“超高額”。同所で行われる海外アーティストのチケット代(約1万円〜1万5000円)と比較しても破格だが、“歴史的”公演とあり、争奪戦は必至だ。一方、25歳以下に限定販売されるC席は1500円におさえられた。48年前、多くの若者が心を踊らせた初来日公演時のC席と同料金設定で、若いファンにも配慮。ポールは「共に素晴らしい時間を過ごそう!」と呼びかけている。

 チケットぴあでは、きょう午前4時より抽選予約受付開始。キョードーグループでは、あす11日午前10時より枚数限定、対面での先着販売を開始する。

■ポールから日本のファンへのメッセージ
 日本に戻れることが本当にうれしいよ。また、東京と大阪のスタジアム公演が売り切れたこともとてもうれしく思っています。ありがとう! 日本のファンは本当にすばらしく、心から愛しているよ。

 ここで、特別な発表があるんだ。武道館での追加公演が決定したんだ! 5月21日(水)に! 武道館にはすばらしい思い出がある。とてもエキサイティングな夜になるから、絶対に観に来てほしい! 5月21日(水)だからね、OK? 最高!

 僕が武道館に戻る事を楽しみにしてくれていたファンのみんなへ。僕自身もみんなと同じ想いだよ。武道館に戻れることをとても楽しみにしていたし、ついにそれが実現することに興奮しているよ。共に素晴らしい時間を過ごそう!

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索