• ホーム
  • 芸能
  • 「太陽の塔」が超合金ロボに! 芸術作品と初コラボが実現

「太陽の塔」が超合金ロボに! 芸術作品と初コラボが実現

 芸術家・岡本太郎氏の作品で、1970年に日本万国博覧会のシンボルとして大阪府・吹田市に建造された「太陽の塔」が、バンダイの商品ブランド・超合金とコラボレートし、『超合金 太陽の塔のロボ』として発売されることが7日、わかった。「超合金」生誕40周年を記念したもので、芸術作品の“超合金化”は今回が初めて。

【写真】その他の写真を見る


 『超合金 太陽の塔のロボ』は、手足を塔内に格納している状態の「塔形」から、手や足を展開した「ロボ形態」に変形し、さらに胴体上部と中央部の開閉式パネルを開くと、内蔵されている兵器が現れる「超兵器発動形態」へと3段階の変形が可能。通常の高さは約215mmで、最終形態は約280mmとなる。

 岡本太郎記念館長・ 平野暁臣氏の監修のもと、商品化が実現。発売日は9月27日で、価格は税込みで1万8360円。5月10日、11日に開催される『魂の夏コレ 2014』(東京・ベルサール秋葉原)で試作品が一般公開される。



関連写真

  • 芸術作品との初コラボとなった『超合金 太陽の塔のロボ』(C)TARO OKAMOTO/(C)BANDAI
  • 内蔵されている兵器が現れる「超兵器発動形態」=『超合金 太陽の塔のロボ』 (C)TARO OKAMOTO/(C)BANDAI
  • 「塔形」=『超合金 太陽の塔のロボ』  (C)TARO OKAMOTO/(C)BANDAI
  • 手や足を展開した「ロボ形態」=『超合金 太陽の塔のロボ』 (C)TARO OKAMOTO/(C)BANDAI
  • 『超合金 太陽の塔のロボ』 (C)TARO OKAMOTO/(C)BANDAI

オリコントピックス