アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • HKT48が初の大阪公演 指原「ついに来ちゃいました!」

HKT48が初の大阪公演 指原「ついに来ちゃいました!」

 福岡を拠点に活動するアイドルグループ・HKT48が2日、大阪城ホールで全国アリーナツアーの大阪公演を行った。HKT単独の大阪公演は初とあり、指原莉乃(21)は「大阪の皆さん、ついに来ちゃいましたー!」と呼びかけ、7000人の観客を沸かせた。

【写真】その他の写真を見る


 先月30日、大阪・難波を拠点とするNMB48チームNとの兼任活動をスタートさせたばかりの村重杏奈(15)は「皆さんが大好きな村重ですー!」と“グイグイ”キャラらしいあいさつ。「NMBの楽屋では(持ちネタの)“めんたいこ”をずっとやっているので、“めんたいこちゃん”と呼ばれている」ことを明かした。

 指原は「ゆきりんは、なじめてるの? 村重よりそっちのが心配」と、同じくチームN兼任となったAKB48柏木由紀(22)のほうが気にかかる様子。村重から「大丈夫。ゆきりんさん、オーラ全開でしたもん」と聞き、安心していた。

 中盤では「白雪姫」の寸劇も披露。笑いに厳しい土地柄とあり、公演前の囲み取材では指原さえも「緊張する」と話していたが、主人公・白雪姫役の朝長美桜(15)はセリフをたびたび忘れるハプニング。それでも、毒をたっぷり盛ったかけあいをはじめ、魔女役で“美形担当”森保まどか(16)のほうれい線体操、妖精役・村重のパチパチパンチなどで絶えず大きな笑いが起こっていた。



関連写真

  • HKT48単独では初の大阪公演を行い、大阪城ホールを走り回った(C)AKS
  • 「白雪姫」の寸劇でも“めんたいこ”披露する村重杏奈(C)AKS
  • アリーナをトロッコで回る(左から)宮脇咲良、指原莉乃(C)AKS
  • アリーナをトロッコで回り、ファンを喜ばせた(C)AKS
  • HKT48単独では初の大阪公演を行い、大阪城ホールを走り回った(C)AKS
  • HKT48大阪城ホール公演「お願いヴァレンティヌ」(C)AKS
  • 大阪城ホール公演前に囲み取材に応じた(左から)多田愛佳、指原莉乃、村重杏奈、松岡菜摘(C)AKS

オリコントピックス