アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 生駒里奈、AKB劇場初舞台「ここにいることが信じられない」

生駒里奈、AKB劇場初舞台「ここにいることが信じられない」

 2月の大組閣で交換留学生としてAKB48兼任が電撃発表された乃木坂46生駒里奈(18)が28日、東京・秋葉原のAKB48劇場公演デビューを飾った。新チームB初日を迎えた生駒は、冒頭のあいさつで“公式ライバル”グループのファンから生駒コールを送られると「名前を呼んでもらえるか不安だったんですが、皆さんにこうして温かく迎えていただいて、本当に楽しくできてうれしい」と涙ながらにあいさつ。アウェーがホームに変わった瞬間だった。

 『パジャマドライブ』公演の初演は、2008年3月〜2009年2月にかけて当時のチームBが上演した人気演目。1年半ぶりに古巣に復帰した渡辺麻友(20)とチームB一筋の柏木由紀(22)の“まゆゆきりん”コンビ復活、5年ぶりの“神公演”再演、生駒の公演デビューがあいまって、劇場はファンとメンバーの熱気であふれた。

 乃木坂46はAKBグループのような専用劇場を持たず、定期公演も行っていないうえ、“公式ライバル”グループへの降って湧いたような“留学”となり、生駒はリハーサルから緊張状態。不安を抱えたままの初舞台となったが、冒頭のあいさつで客席から温かい声援を送られると、目をうるませながらも「AKB48としての私も知っていただけるよう、一生懸命全力で頑張ります」と覚悟を示した。

 新顔も次々に存在感をアピール。NMB48から完全移籍してきた小笠原茉由(20)は、同じ名前のまゆゆのキャッチフレーズを拝借し「“緊張しまゆゆ”なんですが、あこがれの先輩がたくさんいて見習っていきたいと“思いまゆゆ”」とお笑いキャラを発揮。HKT48チームKIV兼任の朝長美桜(15)は「カシューナッツー!」と声援を送られると「はーい、カシューナッツだよ!」とかわいらしく答えて笑いを誘った。

 チームのエースであり、AKBセンターのまゆゆと人気ユニット曲「てもでもの涙」などを披露した生駒は「今日初めて劇場公演をやらせていただきました。今まではテレビを通して、一人のファンとして、一人の秋田県民として見ていたので、自分がここに立っていることが本当に信じられず、運命とかそういう言葉で考えないとわからないくらい、すごく貴重な体験をさせていただいているなと思います」と感無量。「AKB48のチームBの一員として盛り上げていけるように頑張りたいと思います」とあらためて宣言した。

 初日は新チームBの23人のうち、生駒、渡辺、柏木、小笠原、朝長、内山奈月大島涼花大家志津香大和田南那川本紗矢倉持明日香高城亜樹高橋朱里竹内美宥橋本耀平田梨奈の16人が出演した。

■チームB『パジャマドライブ』公演セットリスト
00. overture(全員)
01. 初日(全員)
02. 必殺テレポート(全員)
03. ご機嫌ななめなマーメイド(全員)
04. 2人乗りの自転車(全員)
05. 天使のしっぽ(大和田・川本・内山)
06. パジャマドライブ(朝長・大島涼・高橋朱)
07. 純情主義(柏木・平田・竹内)
08. てもでもの涙(渡辺麻・生駒)
09. 鏡の中のジャンヌ・ダルク(倉持・大家・高城・小笠原・橋本)
10. Two years later(全員)
11. 命の使い道(全員)
12. キスして損しちゃった(全員)
13. 僕の桜(全員)
【アンコール】
14. ワッショイB!(全員)
15. 水夫は嵐に夢を見る(全員)
16. 白いシャツ(全員)



関連写真

  • 乃木坂46からの交換留学生・生駒里奈がAKB48劇場公演デビュー(左は渡辺麻友)(C)AKS
  • まゆゆきりんに挟まれて笑顔の生駒里奈(左は渡辺麻友、右は柏木由紀)(C)AKS
  • 冒頭の自己紹介で思わず涙

オリコントピックス