AKB新体制でペナントレース開幕 国内12チームで勝点競う

 AKB48グループは22日、国内4グループ・全12チームによるペナントレース『AKB48グループペナントレース〜AKB48グループは競い合って磨かれる〜』の詳細を公式ブログで発表した。

 2月に行われた組閣発表に伴う新体制が、きょう22日にNMB48劇場(大阪・難波)で行われた新チームBII『逆上がり』公演からスタート。これに伴い、AKB48グループ総支配人の茅野しのぶ氏が公式ブログで「大変長らくお待たせしてしまったのですが、昨年発表させていただきましたペナントレースを開催させていただきたいと思います」と開幕宣言した。

 参加するのは、AKB48グループの国内全12チーム(チームA・チームK・チームB・チーム4・チームS・チームKII・チームE・チームN・チームM・チームBII・チームH・チームKIV)。きょう4月22日から10月31日までの半年間にわたって(1)AKB48グループ劇場公演有料会員応募倍率(採点対象は各チーム初回公演の次の公演から) (2)AKB48劇場盤握手会の販売枚数 (3)AKB48シングル選抜総選挙の得票数の勝点を競い合い、勝点最多獲得チームが優勝する。

 ペナントレース専用ページが近日中に開設され、勝点およびチーム順位等をリアルタイムに更新。チームごとの勝点を競いあうほか、個人の頑張りも評価され、個人賞も設けられる。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索