• ホーム
  • 芸能
  • 沖縄離島の子どもを支援、“15の春”応援プロジェクト始動

沖縄離島の子どもを支援、“15の春”応援プロジェクト始動

 沖縄では中学卒業と同時に親元を離れ、離島から沖縄本島の高校に進学する子どもたちがいる。そんな彼らの教育環境と情報リテラシーの向上をサポートする『沖縄離島 15の春 旅立ち応援プロジェクト』が、地域活性化を支援するコンサルティング会社カルティベイトと携帯電話サービスの沖縄セルラー電話、KDDIおよび、若林靖永 京都大学教授によって始動し17日、発足発表会が行われた。

 本プロジェクトで対象となるのは、15歳を迎える春より地元を離れ、沖縄本島の高校に通う離島出身の中学生。沖縄セルラーおよびKDDIが進めるLTE(携帯電話の高速通信サービス)のサービスエリア拡大により、沖縄離島でもLTE利用が可能になったため同企画を立案。自立した高校生活を送るために必要な資質や考え方、情報リテラシーを楽しく学びながら身につけられるよう、ITを活用した教育支援を実施する。

 主なプロジェクト内容としては、タブレット端末を活用して島の貴重な自然や歴史をまとめたマップを作成し、英語で世界に発信する離島ガイドプログラム『Shimap!(シマップ)』の実施。これによって、郷土に対する誇りを醸成するとともに、インターネットを通して情報を発信する楽しさを体感してもらうことを目指す。

 また、自立した生活を送るために必要な力を養うことを目的に、同じくタブレットを活用した『スマート教材』の開発および導入を支援。そして、高校進学のタイミングで初めて携帯電話を持つ子どもたちのために、親子で理解を深める“親子ケータイ教室”を実施し、この3本柱でプロジェクトを推進していく。

 3月より北大東島、南大東島、多良間島の3島からスタートし、希望があれば順次ほかの離島へも拡大していく予定。



関連写真

  • 『沖縄離島 15の春 旅立ち応援プロジェクト』発足発表会の模様
  • 親子で携帯電話についての理解を深める“親子ケータイ教室”の様子

オリコントピックス