大島優子去就は? Not yet初アルバム 5・10有明ライブも決定

 AKB48卒業を控える大島優子(25)が所属する派生ユニットNot yetが、2011年3月の結成から3年で、初アルバム『already』を4月23日に発売することが14日、わかった。5月10日には、3年前にデビュー記念イベントを行った思い出の地、東京・有明コロシアムでライブが行われることも決定。3月29・30日に東京・国立競技場で開催されるAKB48のコンサートで卒業セレモニーが行われる大島は、Not yetの去就には言及していないことから、今後の動向も注目される。

 AKB48の大島、北原里英(22)、横山由依(21)、HKT48指原莉乃(21)からなるNot yetは、2011年3月16日にシングル「週末Not yet」でデビュー。昨年の『選抜総選挙』1位の指原、2位の大島を擁する同ユニットは、過去5作のシングル中4作でオリコン週間1位を獲得するなど、派生ユニット随一の人気を誇る。

 ユニット名は歌もダンスも“まだまだこれから”という意味を込めて名付けられたが、1stアルバムのタイトルについて秋元康総合プロデューサーは「“まだまだ”だと思っていた少女たちは、いつのまにか成長して、機は熟したと思った。だから、“already”というアルバムタイトルにしました」と説明する。

 大島は「応援していただいている皆さん、お待たせいたしました! ついにNot yetのアルバムが完成しました! たくさんの方に聴いていただけたらうれしいです。“まだまだ”と言われてきたユニット、“すでに”完成していたのかも!?」と1stアルバムにして集大成を思わせるコメント。昨年8月にAKBを卒業した秋元才加(25)が派生ユニットDiVAに残り、活動している前例はあるが、大島は果たして…?

 4thシングル「西瓜BABY」収録曲の「guilty love」で作詞デビューした北原は「ついに、念願だったアルバムを出すことができました! これ一つで、Not yetを余すことなく楽しめるものになっています。 今からでも遅くないので、Not yetにぜひはまってください!」と自信たっぷり。指原は「素敵な曲ばかりです。毎日聴いても飽きないと思います。楽しみにしていてください!」と呼びかけ、横山も「大切なデビュー曲から新曲までNot yetが詰まってます。たくさんの方に聴いていただきたいです!」と力を込めた。

 本作はType-A、同B(ともにDVD付き)、同C(CDのみ)、同D(プレイボタン)の4形態で発売。初のアルバム発売を記念し、5月10日有明コロシアムで開催されるライブには、Type-A〜C初回プレス分購入者の応募抽選当選者のみが参加できる。卒業セレモニー後のライブとあり、歌って踊る大島を見られる数少ないチャンスとなりそうだ。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索