アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • シネコン業界初、未放送地域の劇場でTVアニメをシリーズ上映

シネコン業界初、未放送地域の劇場でTVアニメをシリーズ上映

 全国にイオンシネマズブランドでのシネマコンプレックスを展開するイオンエンターテイメントが、今月から新たに取り組んでいるのが、放送中のテレビアニメシリーズの劇場上映だ。先週末(15日・16日)には、イオンシネマ6劇場(江別、名取、幕張新都心、大高、茨木、福岡)で、『とある飛空士への恋歌』(TOKYO MX、サンテレビ、BS日テレ、AT-Xで放送中)第1話〜第7話(約110分)の振り返り上映会を実施。同社ではその反響に手応えを感じているようだ。

 放送地域が限られ、見たくても見られない話題のテレビアニメを未放送地域の劇場で上映し、ニーズに応えるもの。テレビ・インターネットに続く第3の“出口”として劇場を提供するシネコン業界で初の取り組みとして、注目される。

 上記の6劇場では、アニメのテレビシリーズを継続的に、2月から4月にかけて土日限定で各日1回実施。今週末(22日・23日)は、『となりの関くん』(テレビ東京、AT-Xで放送中)第1話〜第7話(約60分)の復習上映会が予定されている。

 その後は、3月1日・2日に『とある飛空士への恋歌』の第2回(第5話〜第8話、約110分)。4月12日・13日に予定している『となりの関くん』第2回(第8話〜第15話、約70分)は、インターネット配信のみでテレビ未放送の14話、15話を含み、15話は配信前の先行上映という付加価値もある。

 鑑賞料金はいずれも1000円。チケットの発売開始日等詳細は、各劇場に問い合わせ。



関連写真

  • アニメ『とある飛空士への恋歌』(C)犬村小六・小学館/「とある飛空士への恋歌」製作委員会
  • アニメ『となりの関くん』 第6話(C)森繁拓真/株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊・アニメの関くん製作委員会
  • アニメ『となりの関くん』 第7話(C)森繁拓真/株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊・アニメの関くん製作委員会
タグ

オリコントピックス