アニメ&ゲーム カテゴリ

小芝風花、実写版『魔女の宅急便』キキ役で成長

 女優の小芝風花が10日、都内で行われた主演映画『魔女の宅急便』(3月1日公開)のトークイベントに出席。同作の主人公・キキ役を務める小芝は「合格したのを聞いて号泣しました」と、主演抜てき時の心境を振り返り、クランクアップを迎え「周りの人から『変わったね!』と言われます。成長したのかわからないけど、(町で)声をかけてくれる方もいました」と微笑んだ。

【写真】その他の写真を見る


 1989年に宮ア駿監督によってアニメーション化された、児童作家・角野栄子氏の原作本を今回初めて実写化、「どういう風に実写版を作っていくのかドキドキしました」と語った小芝は、物語の見せ場となるほうきにまたいで飛行するシーンについて、「半年前からアクションの人と相談して、筋力を付けるために木刀をいただいて、毎日素振りを200回した」と、猛特訓したというエピソードを明かした。

 バレンタインデーが近づくなか、この日行われたイベントで小芝は、同世代の女子たちとお菓子作りに挑戦。普段はあまり料理をしないという小芝は「不器用なのがバレる…」とヒヤヒヤしながらも奮闘。完成したチョコケーキを口に運ぶと「こんなにおいしくできるとは思わなかった」と満面の笑みを浮かべていた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」


関連写真

  • 『魔女の宅急便』でキキ役を務める小芝風花 (C)ORICON NewS inc.
  • 女子高生たちとチョコ作りに挑戦した小芝 (C)ORICON NewS inc.
  • 笑顔でチョコを混ぜる小芝風花=映画『魔女の宅急便』トークイベント (C)ORICON NewS inc.
  • チョコを試食する小芝風花=映画『魔女の宅急便』トークイベント (C)ORICON NewS inc.
  • 女子高生たちとチョコ作りに挑戦した小芝風花(写真中央)=映画『魔女の宅急便』トークイベント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス