ZARD名曲「負けないで」が英語教科書に 全国400の高校で採用

 ZARDの1993年の名曲「負けないで」が、今年4月から高校英語の教科書『MY WAY English Communication II』(三省堂発行)に採用されることがわかった。同曲の作詞を手がけ、2007年5月に他界したボーカル・坂井泉水さん(享年40)の誕生日にあたる2月6日に発表された。同書は現時点で、全国約400の高校で採用されることが決まっている。

【写真】その他の写真を見る


 教科書の中では「An Encouraging Song(元気がでる歌)」として、「負けないで」を紹介。95年の阪神淡路大震災や11年の東日本大震災の際に多くの人々を励ましたこと、94年には選抜高等学校野球大会の入場行進曲に採用されたこと、坂井さんが言葉にこだわり、制作に全精力を注いだことなどが何度も書き直された直筆の歌詞とともに伝えられている。

 発行元の三省堂は採用理由について「約20年間色あせることなく、今もって若者の間で、“人生の伴走歌”として歌い継がれてきています」と説明。「その秘密は何かと言いますと、坂井泉水さんが何度も何度も繰り返し繰り返し練り直して完成させた歌の歌詞にあります」「“ことば”そのものが持っている大きな計り知れない『魔法の力』に気づいてもらい、この多感で悩み多い高校時代を強く乗り切っていってもらいたい」との思いを込めたという。

 なお、定期的に開催されてきたZARDのフィルムコンサート『ZARD Screen Harmony』が、今年も行われることが決定。5月25日に大阪・堂島リバーフォーラム、同27日には93年に2日間かけてミュージックビデオ撮影を行った思い出深い東京・日本青年館でそれぞれ昼夜2回公演を行う。

関連写真

  • 故・坂井泉水さんが作詞を手がけたZARDの名曲「負けないで」が高校英語の教科書に4月から採用されることが決定
  • 坂井泉水さんが何度も書き直した「負けないで」の直筆歌詞も掲載
  • 坂井泉水さんが何度も書き直した「負けないで」の直筆歌詞も掲載
  • 高校英語の教科書『MY WAY English Communication II』(三省堂発行)
  • 高校英語の教科書『MY WAY English Communication II』(三省堂発行)

オリコントピックス

メニューを閉じる