• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 全日本美声女コンテスト、グランプリは17歳の辻美優さんに決定!

全日本美声女コンテスト、グランプリは17歳の辻美優さんに決定!

 女優の輝きと声優の魅力を併せ持つ、ニュータイプのヒロインを大募集した『全日本美声女コンテスト』の本選大会が26日にnicofarreで行われ、東京都出身の高校2年生・17歳、辻 美優さんがグランプリを受賞した。

【写真】その他の写真を見る


 “美文化の創造”を企業理念に、美のビジネスを多面的に展開し『全日本国民的美少女コンテスト』を軸に数多くのスターを発掘・育成してきた≪オスカープロモーション≫と、声優プロダクションの老舗として多くの有名声優が所属する≪青二プロダクション≫が、アニメ文化をもっと身近に、もっと多くのビジネスに活用させるプロジェクト『blue oscar project』を発足。その企画第一弾として、女優の輝きと声優の魅力を併せ持つ『声を届けるアイドル』を発掘すべく、同オーディションを開催。

 昨年8月より募集を開始し、全国から1万4434通もの応募の中から書類審査、全国6ヵ所での地方予選と最終審査を経て、12名のファイナリストが本選大会に進出。特別審査員を務めた、女優の菊川怜剛力彩芽、声優の野沢雅子、古谷徹らの前で、ひとりずつウォーキングやセリフ審査、自己PR、歌唱審査などを実施した。

 大接戦だったという審査の結果、グランプリには、「声でみなさんの心を動かせるような、愛される美声女になりたい」と自己PRで語った、東京都出身の高校2年生の辻美優さんが輝いた。ウォーキングでは笑顔で登場し、歌唱審査でも倖田來未の『キューティーハニー』を明るく元気いっぱいで披露し、審査中、終始笑顔が印象的だった辻さん。「アニメが好きで小さい頃から声優になることが夢だった」という彼女は、これまでも様々なジャンルのオーディションに挑戦し、何度も挫折を味わったということもあってか、グランプリに選ばれた瞬間、感極まって号泣し「まさか自分がグランプリを獲れるとは思っていなかったので嬉しいです。みなさん支えてくれてありがとうございました」と声をしぼり喜びをかみしめた。

 また、審査を振り返って「他のコたちがレベルも高いし、クオリティも高くて…。私も練習してきたけど、本気で目指しているコたちは違うなって思った」とコメント。目標を聞かれると、「私は女優さんも声優さんも両立してできるような素晴らしい女性になりたい」と目を輝かせ、「女優さんだと米倉涼子さんと剛力彩芽さんを尊敬してます。剛力さんの、笑顔がチャーミングで、そういう元気な演技ができるところ。米倉さんの大人のクールさを尊敬してます」

 インターネットによる一般人気投票で決まる『マルチメディア賞』には、山形県出身の21歳・吉村那奈美さん、『準グランプリ』には東京都出身の15歳・高橋美衣さんと同じく東京都出身の17歳・花房里枝さんが選ばれた。

 グランプリには、賞金100万円のほか、文化放送にてラジオレギュラー出演や、スマホゲーム『ガールフレンド(仮)』への出演など、豪華特典が約束され、今後はオスカープロモーションと青二プロダクションに同時に所属し、活動を行っていくことが決定。

 さらにこの日、映画『プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち』(3/15公開)へ、野沢と剛力とともに、入賞者4名が出演することがサプライズで発表されると、4名は驚きのあまり固まってしまい「びっくりしすぎて固まっちゃいました。すごく嬉しいです!!」(辻)と大喜び。剛力は「声優はあまり経験したことがないので、一緒に成長していければと思います」と、さっそく決定した後輩たちとの共演を喜んだ。

 なお、3月1日発売の『デ☆ビュー』誌面にて、同オーディションの本選大会のレポートを掲載。

関連写真

  • グランプリを獲得した辻美優さん17歳。(C)De-View
  • 特別審査員を務めた菊川怜、剛力彩芽、野沢雅子、古谷徹と受賞者4名。(C)De-View
  • (左から)マルチメディア賞の吉村那奈美さん、グランプリの辻美優さん、準グランプリの高橋美衣さん、花房里枝さん。(C)De-View
  • 受賞の喜びを分かち合う4人。(C)De-View

提供元:Deview

オリコントピックス