たかみな、前田敦子に声かけられず 1期生が卒業メンバーの近況報告

 AKB48が24日、東京ドームシティホールで1月恒例のライブイベント『AKBリクエストアワー セットリストベスト200 2014』の2日目公演を開催。この日は前田敦子の卒業曲『夢の河』(154位)や板野友美の『最後のドア』(157位)など卒業曲が次々ランクインし、高橋みなみ小嶋陽菜峯岸みなみの1期生トリオが前田ら卒業生メンバーとの近況を語った。

 前田を雑貨屋で見かけたことを興奮気味に切り出した高橋だったが「敦子がすごい笑顔で雑貨を見てて『完全プライベートやな』と思ってどうしていいかわからなくて…(通り過ぎた)」と声をかけられなかったことを告白。ファンはもちろん、小嶋と峯岸も思わず「え〜っ!?」と驚きの声を上げると、「プライベートなのにって顔されたらどうしようと思って…」としょんぼり。峯岸から「どんだけファン心理なの…」とあきれられた高橋は「声かければよかった。あれはミスりましたね」と後悔していた。

 小嶋は以前から化粧品や洋服をもらっていたという篠田麻里子から「実家に絵が送られてきた」と報告し、「素敵な絵なので飾ってます」と相変わらずの仲良しエピソードを披露。峯岸は昨年11月の誕生日に板野とカラオケをしたことを振り返り「『トモ、今友達いないから久しぶりにカラオケしたい』って」と明かし、笑わせていた。

 そんな板野に“そっくり”と話題になっている13期生の相笠萌は「後継者指名していただいたので板野さんが卒業した今、頑張りたいなって」と意気込みを語ると、高橋は「リスペクトしてるからどんどん(板野に)寄ってくよね。最終的に“おしゃれ番長”になってくれたらうれしい」と期待を寄せていた。

◆『リクエストアワーセットリストベスト200』フォトギャラリー
200位〜176位

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索