アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 大竹まこと、たかじんさんと間違えられていた ラジオで思い出語る

大竹まこと、たかじんさんと間違えられていた ラジオで思い出語る

 タレントの大竹まことが、8日放送のラジオ『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(文化放送 後1:00)で、3日に死去した歌手でタレントのやしきたかじんさん(享年64)との思い出を語った。

 過去に大阪のレギュラー番組でたかじんさんと共演していた大竹は、「親分肌で、お金の使い方も半端じゃなかった。絶対他の人にはお金を払わせない人だった」と人柄を紹介。

 さらに、大阪の夜の街でのエピソードとして「妙齢の女性がいかにも親しそうに私のほうに近づいてきたと思ったら、まじまじと私のほうをみた後で『たっかじーん』と言われたこともあった」と間違えられていたといい、「上岡(龍太郎)さんとたかじんさんと僕の顔は系統が似てるんだろうね」と回顧した。

 晩年は「親分肌の『大竹くん〜!』みたいなたかじんさんと、一人端っこの方に立っている男の私とは、仲間意識みたいなところでは、ちょっと違うところあったんですが、でも良くしていただいたことは昨日のことのように覚えています。ご冥福をお祈りいたします」と故人を偲んだ。

 また、番組冒頭にはは、たかじんさんの名曲「やっぱ好きやねん」を流した。

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019